宅配便で復旧(サービスの流れ)

当社に到着次第「無料診断」を実施します。

「お店が遠い!」「パソコンが重い!」「お店に行く時間がない!」というお客様は宅配便でお送りください。
経験豊かなエンジニアが無料で診断・お見積りいたします。

step1. 当社にお送りいただくものについて

基本的に復旧したい機器のみで結構です。
ビデオカメラや、ノートパソコンの一部は、電源アダプタや専用ケーブルが必要となることがありますので、下記をご確認ください。
ご不明な場合 0120-29-8895 までお電話ください。

HDD(パソコン・外付けHDD等)

パソコン本体をお送りいただいても、取り出したハードディスクのみお送りいただいても、どちらでも結構です。
※ノートパソコンで、BIOSパスワードを設定している場合は、本体とACアダプタをお送りください。
※HDD取り外しは基本的に無料ですが、MacBook Airなど一部有償機種がございます。


デスクトップPCデスクトップPC

ノートパソコンノートパソコン
ノートパソコンで、BIOSパスワードを
設定している場合ノートパソコンで、BIOSパスワードを 設定している場合
外付けHDD外付けHDD
取り出した
ハードディスク取り出した内蔵ハードディスク


RAID機器(サーバ・NAS等)

機器本体をお送りいただいても、取り出したハードディスクのみお送りいただいても、どちらでも結構です。
ただし、ハードディスクのみの場合は、接続順が分かるようにシールなどを貼ってお送りください。


サーバ・NAS本体
サーバ・NAS本体
ハードディスクのみの場合は、接続順が分かるようにシールをなどを貼ってください。ハードディスクのみの場合は、接続順が分かるようにシールをなどを貼ってください。


デジタルカメラ・デジタルビデオカメラ・ICレコーダー

データを本体に保存の場合は、機器本体と付属品(接続ケーブル等)、電源アダプタをお持ちください。


デジタルカメラ
ビデオカメラ
デジタルビデオカメラ
デジタルビデオカメラ
ICレコーダー
ICレコーダー
付属品(接続ケーブル等)、電源アダプタ
付属品(接続ケーブル等)、電源アダプタ

その他メディア

メディアのみお持ちください。


その他のメディア

step2. 梱包材をご準備ください。

パソコン宅急便

まず、梱包材をご用意ください。丈夫な段ボールとエアキャップなどの緩衝材が必要です。梱包材がお手元にない場合、ヤマト運輸の「パソコン宅急便」が便利です。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/pasotaku/pasotaku.html

step3. 梱包

輸送時の衝撃で破損しないように、エアキャップ(プチプチ)で巻いてください。
※配送についての注意事項

  • 輸送中の事故・紛失につきましては弊社では一切の責任を負いかねます。
  • 発送の際は、宅配便等の追跡可能な方法でお送りください。
  • 普通郵便等の手渡し配達されない方法はお避けください。
梱包方法のコツ
エアキャップで包む

梱包する際は、障害機器と付属品を別々にエアキャップで包み、互いに損傷を与えないよう配慮してください。

丸めた新聞紙を緩衝材に

新聞紙を緩衝材に使用する場合、必ず丸めてご使用ください。(折りたたんだ状態では緩衝材の役を為しません)

機器別 梱包方法の例

デスクトップパソコンの梱包方法

デスクトップパソコン
本体はエアキャップで包み、大きめの箱に緩衝材で保護された状態でお送りください。
※扉などの可動部がある場合はテープで仮留めしてください。

ノートパソコンの梱包方法

ノートパソコン
PCカード等の接続品は全て外し、本体をエアキャップで包んだ上で、大きめの箱に緩衝材で保護された状態でお送りください。

内蔵用ハードディスクの梱包方法

内蔵用ハードディスク
可能であれば、ハードディスク購入時に使用されている銀色の袋に入れた上でエアキャップに包み、大きめの箱に緩衝材で保護された状態でお送りください。なお、梱包の際に基板部やコネクタ部に触れないようにご注意ください。

メモリカード類・ディスク類の梱包方法

メモリカード類・ディスク類
メモリーカードやFD・MO・CD等のメディアは、お持ちであれば必ず専用のハードケースに入れてお送りください。もしもハードケースがない場合は、写真のように厚めのダンボールで挟み、輸送時に折れ曲がることの無いようにしてください。


step4. お申込書を忘れずに同梱してください。

下記をクリックし、「無料診断お申込書」をプリンタで印刷して、必要事項にご記入ください。

お申込書のダウンロードができない、またはプリンターをお持ちでない場合は、紙に下記の項目をご記入の上、同梱してください。
【ご記入項目】

  • お客様について
    1.お名前または法人名(ふりがな) 2.法人の場合ご担当者様のお名前  3.ご住所  4.電話番号 5.FAX番号 6.携帯電話番号(携帯へご連絡ご希望の方) 7.メールアドレス
  • ご依頼の機器について(おわかりになる限りで結構です)
    8.障害機器の種別 9.メーカー 10.機種・型番 11.容量 12.お使いのOS 13.症状 14.付属品(同梱の場合)

step5. 発送

宅配便センターや郵便局にお持ち込みになるか、宅配便会社に集荷をご依頼ください。
配送中の紛失を防ぐため記録が残る配送をおすすめします。

【送付先】
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町2-22 秋葉原再開発ビル4F
オーインクメディアサービス株式会社 データSOS係 宛て
TEL: 03-5833-1105

※通常、当社に発送のご連絡をいただく必要はありませんが、お急ぎの場合は 0120-29-8895 までお名前と発送日、宅配便の伝票番号を担当者にお伝えください。優先して作業にあたります。

step6. 無料診断・お見積

当社に到着次第、「無料診断」を実施します。
無料診断では復旧の見込みと復旧料金、復旧期間をお伝えします。
経験豊かなエンジニアが診断いたします。
無料診断ではハードディスクの開封等、物理的処置は一切行いませんのでご安心ください。


無料診断


step7. 診断結果ご報告・見積ご提示

データ復旧の可否と見通し、復旧方針、料金等をご報告いたします。
復旧期間やお見積にご納得いただけない場合のキャンセルは無料です。(宅急便の着払いで返送します)
当社では契約を急がせたり強引な営業は一切行いませんのでご安心ください。

step8. 復旧開始

復旧方針と料金のご了解をいただきましたら、直ちに復旧作業に入ります。


復旧開始


step9. データ書き込み・データ内容ご確認

復旧に成功したデータは別のハードディクに書き込みます。
データが入っていないものをお客様にご用意いただくか、当社で別途ご用意(新品)することも可能です。
なお、データ状態が当社の成功基準に達しない場合、ファイルリストをお送りいたします。



データ書き込み・データ内容ご確認


step10. お支払い・納品

復旧料金をお支払いください。銀行振込、代金引換(現金・クレジットカード)がご利用いただけます。 (公費でお支払いのお客様はご指定条件にて承ります)
お預かりした障害機器と復旧データを書き込んだ納品媒体をお送りいたします。



クレジットカード利用可

よくある質問

本体ごと預ける必要がありますか?

基本的にはハードディスクなどのデータ記録媒体のみお預けいただければ対応可能です。
ノートパソコンなどの取り外しが難しい場合は本体ごとお預けいただければ当社にて無料(Apple製品など解体作業が非常に困難な一部の機器を除く)で脱着いたします。
ただし、パソコンでBIOSパスワードを設定している場合や暗号化、セキュリティチップ(TPM)を有効にしている場合は本体をお預かりする必要があります。
また、デジタルビデオカメラやデジタルカメラ本体からの復旧の場合、パソコンとの接続ケーブルおよび電源ケーブルをお預かりする必要があります。

梱包材がないのですがどうすればいいですか?

お手元に梱包材がない場合、クロネコヤマトのパソコン宅急便が便利です。
【ヤマト運輸】
電話:0120-01-9625
http://www.kuronekoyamato.co.jp/pasotaku/pasotaku.html

出張で(現地で)復旧できますか?

誠に残念ながら復旧作業に必要な機材や環境が社外では整えられない点、および情報セキュリティ保護の問題により、出張によるデータ復旧には現在対応しておりません。

障害媒体を預けずに他社で判定された障害内容での見積りは可能ですか?

対応可能ですが、データ復旧業者は各社独自で障害の切り分けを行っており、基準が一定ではありません。
同業他社様が重度物理障害と判定されたものが当社の基準では違った判定になる可能性もございますので、まずは一度無料診断をご依頼されることをお薦めいたします。

作業はどこで行いますか?

国内自社施設で行います。

市販の復旧ソフトと何が異なるのですか?

市販のデータ復旧ソフトは、誤ってデータを削除した場合など、比較的軽いデータ消失からの回復には有効な手段の一つです。しかし、障害が重く、特に物理的な障害が発生しているハードディスクには効果がみられないばかりか、障害を一層重くすることがあります。
当社では専用に開発したツールやハードディスクのヘッドの交換など専門かつ高度な復旧技術を用いて復旧します。
詳しくは技術・設備のご紹介をご覧ください。

他社で復旧できなかったものも復旧できますか?

復旧できる可能性はあります。
同業他社様の中には、物理障害に対応していない会社もありますし、各業者により技術力も異なります。実際に他社にて復旧不可能の診断が出された案件で弊社にて復旧可能だった事例もあります。どんなものでも一度ご相談されることをお薦めいたします。

物理処置(ハードディスクの開封など)には対応していますか?

はい、対応しております。物理処置が必要か否かにつきましては無料診断にて判定いたします。

物理処置(ハードディスクの開封など)をする場合は事前に連絡をもらえますか?

はい、必ずご連絡いたします。

必ず復旧できますか?

データの障害は人間の病気と非常によく似ており、復旧できるかできないかはその原因と事後の処置により大きく異なりますので一概にはいえません。
例えば「胃痛」という症状であっても、単なる「食べ過ぎ」などというものなら良いのですが「胃ガン」ということもありえます。
データ復旧においても症状が軽く100%復旧できる場合もあれば、物理障害といった復旧が困難な場合もあり必ず復旧できるわけではありません。
また、発生後に実施した措置にも大きく影響されます。
特に物理障害が発生している機器に市販のデータ復旧ソフトなど論理障害の処置を行うと症状が悪化します。ご自身で処置をなされず、なるべく事故が発生したそのままの状態でご依頼いただいたくことを強くお薦めいたします。

どんなデータが復旧できるかリストを出してもらえますか?

必要に応じて復旧可能なデータのリストをご提出いたします。なお、リストはメールにてお送りいたしますので、受信可能なメールアドレスが必要となります。(ごく少数のデータしかない場合に限り、FAXでもお送りいたします。)

期間はどのくらいかかりますか?

最短で当日納品も可能ですが、媒体の種類と障害状態により大きく異なります。
まずは無料診断をご依頼されることをお薦めいたします。
お急ぎの場合はお客様の期間に合わせて可能な限り復旧を行うなど柔軟な対応も可能ですのでご相談ください。

復旧されたデータはどのように納品されますか?

復旧データは、納品するデータ量により下記のメディアにて納品いたします。
・1.3GB未満の場合、CD-R(2枚まで・無料)
・4GB未満の場合、DVD-R(1枚まで・無料)
・4GB以上の場合、USB外付けハードディスク(当社で用意する場合は実費)
※お客様がご用意する場合、新品かデータが入っていない空のものをご用意ください。

納品用のハードディスクを通販で購入して、そちらに直送してもいいですか?

もちろんです。その場合、購入された店名と型番、到着日を担当までお知らせください。

復旧したデータの整合性は?

障害発生前のデータの状態が確認できないため、復旧データの整合性(正常性)につきましては保証いたしかねます。ただし、サンプリングを行うことは可能ですのでご相談ください。

依頼品は返却されますか?

はい、原則としてご返却いたします。お客様のご希望によりデータ抹消の上、処分することも可能です。

データ復旧が不可能な場合の料金は?

残念ながら復旧不可能な場合、運賃のみで調査・復旧料金は一切不要です。

料金はどのタイミングで支払えばいいですか?

復旧完了時に請求書をお送りします。銀行振込か代金引換にてお支払いください。

  • 銀行振込
    復旧後にご請求書に記載の銀行口座にお振込みください。(ご入金確認後の発送となりますのでご注意ください)
  • 代金引換/クレジットカード
    商品到着時に配送業者へ現金またはクレジットカードにてお支払いください。

見積書・請求書・納品書の発行は可能ですか?

はい、ご希望により発行可能です。担当者までお気軽にお申し付けください。

掛売はできますか?

官公庁・公共団体・学校(学校教育法に基づくもの)のお客様はご指定の様式で取り扱い可能です。その他の法人様はご相談ください。

ローンや分割にて支払うことはできますか?

JCB、VISA、Master、AMEX、ダイナースクラブの国内全てのクレジットカードがご利用いただけます。
お支払い方法はお持ちのカードにより異なりますのでご相談ください。

宅配以外の依頼方法を教えてください

ご来店いただく依頼方法があります。
ご来店でのお申し込みはこちらをご覧ください。