データ復旧なら東京・秋葉原

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

あなたの大切なデータをよみがえらせます
データ復旧なら東京・秋葉原

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

情報セキュリティの国家資格を持つ女性スタッフが対応します
国家資格者が復旧します
情報処理安全確保支援士
第000079号 宮澤 謹徳
0120-29-8895

Terastationのデータ復旧

Terastationのトラブルでお困りではありませんか?

「信頼性が高いと思って導入したTerastationなのに、故障してしまったようだ」
「ビルの停電後に、起動しなくなってしまった」
「過去○年分の重要なデータが入っているのに、困った」

突然、業務でお使いのTerastationが壊れ、データが取り出せずにお困りではありませんか?
こちらに挙げる例はデータを救出できる可能性がある症状です。

電源は入るが、NAS Navigatorでも認識しない

停電後に再び電源を入れたらエラーが出て動作しない

電源スイッチを押しても反応がなく、液晶もランプも点灯しない

ファームウェアの更新をすれば直ると聞いたが失敗する

Terastationのフロントドアを開けてハードディスクを交換している様子

壊れたHDDを交換し、再構築操作(リビルド)を行ったが失敗する

取扱説明書(マニュアル)の中に「出荷時設定ではRAID0モードとして設定されています」の記載がある様子

HDDが1台壊れてデータが失われてしまった

Terastationの液晶画面にRAID Array1 E14 can't Mountと表示されている様子

エラーメッセージが表示され、HDDが認識していないようだ

HDDを取り外そうとして、誤ってRAIDアレイを削除してしまった

RAID5で運用していたが、HDDが2台壊れてしまった

壊れたTerastationからデータを救い出します

『Terastation(テラステーション)』はバッファロー社が製造する、企業向けの信頼性が高いネットワークハードディスク(NAS)です。
たとえHDDが壊れても、新しいHDDに差し替えるだけでカンタンに復旧できる「RAID」という優れたデータ保護機能が搭載されています。
しかし、RAID設定を誤ったり、設置後の適切なメンテナンスがなされていないと、簡単に復旧できたはずのトラブルが、むしろ複雑なトラブルに至ってしまうことがあります。
データSOSでは通常の方法では復旧できなくなったTerastationに保存されたデータを救い出します。

Terastationの障害原因について

安全性が高いはずのTerastationなのに、なぜデータが失われてしまったのでしょうか?
データSOSに持ち込まれるTerastationで多くみられる障害とその原因をご紹介します。

Terastationに赤いエラーランプが点灯している様子

HDDが2台以上壊れている

Terastationには「RAID」が搭載されており、通常、出荷時状態ではRAID5モード、またはRAID6モードに設定されています。
RAID5の場合にはHDDが1台、RAID6の場合にはHDDが2台壊れてもデータは失われません。
HDDが1台壊れているのに気づかずに、あるいは気づいていたのに交換が面倒だからとそのまま使い続け、やがてもう1台が壊れてしまい、最終的にデータが失われてしまうことがよくみられます。

寿命・耐用を超えた過使用

HDDは設計上の耐久性があって、これを上回る過剰な使用をされていると挙動が不安定となり、正しくデータの読み書きができなくなってきます。
Terastationに限らずHDDを使った製品は3~5年程度で新しいHDDに交換するべきなのですが、Terastationはオフィスの片隅に設置されることが多く、パソコンのように毎日目に触れるものでもないため、ある日突然アクセスできなくなり、はじめてその存在と故障に気づいたという方が多くみられます。

Terastationの「OS」が起動しない

TerastationにはLinuxベースのプログラム(OS)が組み込まれています。
このプログラムは「ファームウェア」と呼ばれているので「基板上のROMにでも入っているのかな?」と思われがちですが、実はHDDに書き込まれています。HDD内に「データ用領域」とは別の「OS領域」があって、このOS領域に入っているプログラムを読み込んでTerastationは起動します。このプログラムが破損すると、Terastationは起動できず、結果としてデータにアクセスすることができなくなります。
この場合、Terastationは「EMモード(Emergency Mode)」という非常モードに切り替わり、プログラムの再インストール(更新)を行うことにより復旧します。
しかし、プログラムが破損したが原因がHDDの故障に起因するものだと、正常に書き込むことができず失敗します。

埃も故障の原因に

Terastationの電源・基板の故障

HDDは起動時に大量の電力を使用します。Terastationの電源ユニット内部にある電子部品の劣化が進むと、起動を賄えるレベルの電力を供給することができず、電源が入らなくなることがあります。
最も多いのが、停電後、再び電源を入れても動かないというトラブルです。特に、エアフィルターがホコリで詰まり、放熱が悪い状態で使われていると、部品の劣化が加速度的に進みます。また、雷で制御系の基板が破損してしまうこともみられます。

RAIDアレイを解放した

Terastationの操作画面で「RAIDアレイ(HDDを組み合わせたグループ)」を誤って解放してしまうトラブルです。
エラーが出たので、HDDを交換しようとして、誤って操作してしまうことが多いようです。

TeraStationの復旧手法と全体の流れ

  1. STEP1 初期診断(無料)

    Terastationを店頭にお持ちいただくか、宅配便でお送りください。Terastationの状態を専用の診断設備にてお調べします。
    考えられる原因や復旧できる可能性、復旧までの日数、復旧費用の概算をご提示いたします。
    料金は無料です。もちろん費用や条件が見合わない場合は無料でキャンセル可能です。お客様のご同意がないまま費用を請求することは一切ありません。

  2. STEP2 復旧処置開始

    初期診断内容とお見積にご了承をいただきますと、直ちに処置に入ります。

    イメージ取得
    HDDから「ディスクイメージ」の回収を行います。ディスクイメージとは、HDDに格納されているすべてのセクタ単位でのデータを回収します。
    不良セクタが発生しているなど、リードエラーがあるHDDも専用の機材にて可能な限りのセクタのデータを回収します。

    物理処置
    正常に認識しないHDDがある場合、ヘッドの交換、アセンブリの移植、ファームウェアの解析を行い、HDDからイメージデータが取得できるレベルにまで修復を行います。

  3. STEP3 RAIDアレイ再構築

    抜き出したディスクイメージを組み合わせて、RAIDアレイを組み上げます。

  4. STEP4 パーティション解析

    組み上がったRAIDアレイのパーティションを解析します。

  5. STEP5 データ回収

    出現したデータを回収します。

  6. STEP6 ファイルリスト作成

    回収したデータのファイルリストを作成します。必要なファイルが復旧できるかリストをご提出しますのでご確認ください。

  7. STEP7 書込

    復旧したデータをご指定の納品メディアに書き込みます。

Terastationの復旧事例

これまでにデータSOSで復旧したTerastationの事例をご紹介します。

技術と設備・安全管理体制

データSOSではプロ用リカバリーシステム、クリーンベンチなど、最新の設備を完備しています。
また、データ復旧に関する高い専門知識を持つ「情報処理全確保支援士(国家資格)」が復旧作業を行います。

プロ用リカバリーシステム、仮想RAID構築システム、クリーンベンチなど最新の設備を完備。


詳しくみる

データ復旧の専門家「国家資格 情報処理安全確保支援士」が復旧します。


詳しくみる

TeraStation復旧料金

TeraStationのデータ復旧料金は 基本料金+処置料金 となっています。

【HDD1台が1TB以下の場合】

基本料金 29,800(税別) × 台数
+
処置料金 12,000(税別)

※基本料金には基本的な保全料金、解析処置が含まれます。
※1TB毎に8,000円(税別)の料金が加算されます。
※処置料金は、処置の内容によって変動いたします。

ご依頼方法

Terastationのデータ復旧はご来店によるお持ち込み、または宅配便等での配送で承っております。

秋葉原の店舗へご来店の場合

まずはご予約ください

住所

東京都千代田区神田平河町1番地 第3東ビル8F

営業時間

月~金 9:30-12:30 / 13:30-18:00 (昼休みがありますのでご注意ください)
第1・第3・第5土曜  9:30-12:30 (午前中のみの営業です)
※日曜/祝日/第2・第4土曜は休業です

宅配便などで送る場合

まずはご連絡ください

まずはお送りいただく前にお電話やフォームでご連絡をお願いします。
下記をクリックし、「無料診断お申込書」をプリンタで印刷して、必要事項にご記入ください。

Terastationのデータ復旧でよくある質問

お支払い方法などサービス全般に関する質問、他の媒体と共通する質問はこちらをご覧ください。

RAID0は壊れると復旧できないと聞きましたが、対応できるのですか?
対応可能です。RAID0は構成しているHDDが一台でも破損するとRAIDアレイ全体が破損します(RAID0について詳しくはこちらをご覧ください)。この場合、RAID5などと異なり、ユーザーが直す方法は用意されていません。HDDを修復し、強制的にストライプを組むなど専門的な技術が必要となります。
RAID5で運用してました。HDDのエラーランプが点灯したので何度か抜き差ししてしまったところ、管理画面にも入れなくなってしまいました。対応可能ですか?
対応可能です。お客様ご自身で元に戻す方法はありませんので、直ちに電源を切ってご依頼ください。
RAIDモードが何に設定されていたかわかりません。対応可能でしょうか。
RAIDモードがわからなくても対応可能です。
Terastationのカギをなくしてしまいました。対応できますか?
カギがなくても対応可能です。
重要なフォルダを誤って消してしまいました。復旧できるものでしょうか。
可能性はありますので、直ちに電源を切ってご依頼ください。使用し続けると消したデータの上に上書きが発生し、復旧不能となります。
HDD2台をRAID1で運用していました。うち1台が故障を示す赤色のLEDが点灯しています。動作している1台からデータを取り出そうと思ったのですが、共有フォルダにアクセスできません。
おそらく、HDDが2台とも故障していると思われます。エラーランプが点灯していなくてもHDDが壊れていることがあります。
HDDを取り外したところ順序がわからなくなってしまいました。この状態でも依頼できますか?
対応可能です。
RAID5で使用中、HDDが故障していると警告が出て、HDDを交換したところ、アクセスできなくなりました。対応可能でしょうか?
対応可能です。交換前と交換後のHDDの両方ともお持ちください。

Terastation専用お問い合わせフォーム

しつこい営業電話等は行いませんのでご安心ください。
お送りいただいた情報は当社サービスのご案内用途にのみ利用します。
送信いただくと、ご入力いただいたメールアドレス宛に「受付完了」メールが送信されます。
受付完了メールが受信できない場合は誠に恐れ入りますがお電話にてお問い合わせください。

お名前 (必須)

フリガナ

会社名(会社・団体のお客様のみ)

メールアドレス (必須)

電話番号

当社からの返信方法 (必須)
 メール電話
※ご入力ミスなどご指定の方法でご連絡できない場合、ご指定以外の方法でご連絡することがあります。

ご希望をお選びください(複数選択可)
来店で初期診断を希望する宅配で初期診断を希望する対応できるかが知りたい復旧期間が知りたい費用の概算が知りたいその他のご相談

ご来店の方は営業日カレンダーをご確認の上、来店希望日をお選びください。

Terastationの型番をご記入ください

設定していたRAID構成は?(お分かりになる場合で結構です)
RAID0RAID1RAID5RAID6RAID10RAID01JBODその他・不明

あてはまる状態にチェックを入れてください(複数選択可)
フォルダにアクセスできないディスクエラーが出ているアレイを解放したフォーマットしたEMモードが出る電源が入らないリビルドできない

症状・経緯・ご希望など自由にご記入ください

アンケートにご協力ください
データSOSをどちらでお知りになりましたか?

検索してこのページを見た検索して当社のRAID講座を見た検索して当社のBlogを見たご紹介前にも利用したことがあるその他

検索した検索エンジンは?
GoogleYahooBing上記以外

検索した端末は?
パソコンで検索したスマートフォンで検索したタブレットで検索した