情報のデジタルデータ化が進んでいます

世の中の様々な情報メディアがデータ化されています。

写真はフィルムからデジタルカメラの画像データに、音楽はCDからMP3など音楽データとなり、ビデオテープに録画していた映像も動画データとなりました。

買い物ですら、現金でのやりとりは減り、「電子マネー」というデジタルデータでのやりとりに移ろいでいます。このように「モノ」でやりとりしてきた多くの大切な情報の「データ化」が進んでいます。

datarecovery01

大事な情報のデータ化が進んでいる

これまで、大切な「モノ」の管理はどのようにしていたでしょうか。

たとえば現金のように再発行が不可能で、なくして困るものは「金庫」に保管をしておきました。危険性としては、泥棒に盗まれる、火事に遭うくらいなもので、耐火性の高い金庫に入れておけば火災にあっても中身は無事。銀行の貸金庫に入れておけば泥棒に盗まれる危険性はほぼゼロ、です。

datarecovery09

「モノ」の管理は目に見えるのでわかりやすいです

一方、データはどうでしょうか?
パソコンのデータはハードディスクに保存され、持ち歩きにはUSBメモリを使い、SDカードには写真を記録しています。データはこれらの「記録メディア」と呼ばれる製品に保存をしています。

「大事なデータを保存しているのだから、そう簡単には壊れないだろう」とお考えの方も多いかと思いますが、答えは全く逆で、実は非常に脆い(もろい)ものなのです
ちょっとした衝撃や、静電気でいとも簡単にデータが取り出せなくなってしまいます。

datarecovery05

メディア(記録媒体)は常に危険にさらされている!

手元にパソコンの説明書がある方は、ちょっとページを開いてみてください。
注意の項目に絶対に記載されている文言があります。

「必ずバックアップをお取りください」

記録メディアは脆い、だから必ずバックアップを取ってくださいね。という前提で作られています。

datarecovery07

パソコンの取扱説明書にはパックアップの必要性が記載されている

しかし、世間の多くの人はこの事実に気づいていません。
いえ、気づいている人ですら、バックアップの取り方がわからない、バックアップ用のハードディスクを買うのがモッタイない、設定したけど放置、といった理由でまともにバックアップを行っていないのです。

大事なデータが、脆い記録媒体に入っていて、かつ、バックアップを取っていない

記録メディアが破損したら・・・・

=データは完全に失われます

さきに述べたように、大切なモノはモノからデジタルデータに置き換わっています。
取り貯められた大切な家族の写真、子供が生まれた時の動画、重要な会計帳簿、日記・・・こうして大切なデータはいとも簡単に失われてしまうのです。

このような事態に遭遇したら、あきらめるしかないのか?

いいえ
正常に取り出せなくなった記録媒体から専門技術でデータを取り出すサービスがあります。
それが「データ復旧サービス」なのです。

修理との違い

ちょっと待って「壊れたとしても修理してもらえばいいんじゃない?」というご指摘があるかと思います。

パソコンのハードディスクが壊れたならば、パソコンを製造したメーカーに修理に出せば有償無償はさておき、修理受付期間中であれば修理してもらえます。
しかし、メーカーは修理時にデータを取り出してくれません

「修理」とは、壊れたものを使えるように直すことです。
メーカーとしては、壊れている記録メディアを新しいものに交換して、使える状態になれば修理完了、これがメーカーにおける修理の考え方です。

datarecovery04

メーカーに修理に出すとデータが二度と戻らない場合もあるので、よくご確認を!

当然、交換された新しい記録メディアには元のデータが入っているはずはありません。
「いやいや、そうではなく、重要なデータが入ったこのハードディスクをデータを失わせずに直してほしいのだよ。」とお怒りになるでしょう。

それではなぜ、メーカーは記録メディアのデータを残して修理してくれないのでしょうか?それは、データが入った状態の記録メディアを修理するのは非常に難しいからなのです。

テレビ番組で国宝や重要文化財の修復の現場を見たことがある方も多いのではないでしょうか。遺跡から出てきた壁画を剥がして修復するシーンが出てきます。ちょっと「ガリッ」とやったら修復どころか元も子もなくしてしまいます。記録媒体も非常に繊細で、ちょっとしたことで元も子もなくなります。

ですからメーカーは説明書で「バックアップを絶対に取ってください」と記載しているのです。
整理すると

・パソコンを直す(でも、データはあきらめる)=修理
・データを取り出す(でも、パソコンは直らない)=データ復旧

そこで、データを取り出す特殊技術を専門としている「データ復旧サービス」の出番がやってきます。パソコンが壊れて、データが重要であれば、まずデータ復旧を依頼→データが取り出せた後、パソコンをメーカーで修理という流れが一般的です。もちろん、データが大切でない、バックアップがある場合はデータ復旧の必要はありません。最近はクラウド化が進み、データ復旧の需要は減少傾向にあります。

障害の種類

データが取り出せなくなる障害で、ハードウェア側の障害のことを「物理障害」と呼んでいます。ソフトウェア側の障害のことを「論理障害」と呼んでいます。

コンピュータの世界で「ハードウェア」といえば、装置、機械のことを指します。ハードウェアは物体として認識できる形がある、すなわち「物理的」に存在するものです。

ハードウェアに対し「ソフトウェア」はプログラムやデータなど、物体として認識できる形はなく、思考的=「論理的」(logical)なものといえます。

物理障害とは

物理障害とはハードウェア側の障害であることは説明しました。
例として、「ハードディスク」の物理障害はどのようなものがあるのか挙げていくことにします。

ハードディスクはケースの中に金属製のディスク(円盤)が入っています。このディスクに「磁気」でデータを書き込んでいます。磁気でデータを書き込むのはカセットテープや自動改札を通れる裏側が黒い切符などでおなじみです。

datarecovery08

カセットテープや自動改札を通れる裏側が黒い切符などでおなじみ

ハードディスクは大量の磁気データを高速で書き込み、読み込むことが可能です。
このディスクを回転させる「モーター」、そしてこのディスクにデータを書き込んだり、読み込んだりする「ヘッド」があります。

構造が似ているものとして「レコードプレーヤー」を想像してください。ディスクにあたるレコード板があり、回転させるためのターンテーブルがあり、レコード針があります。

datarecovery03

ハードディスクとレコードプレーヤーは構造がよく似ている

このようなハードディスクを構成する「機械的」な部分が破損し、データが正しく読み取れなくなったものを「物理障害」と呼んでいます。

論理障害とは

コンピュータは「0と1」の数字の組み合わせだけで成り立っています。
音楽データも、デジタル写真も、すべて数字の0と1に変換され、記録メディアに保存されています。

datarecovery02

どんなデータも0と1だけに変換される

0と1しかないので、単純に記録媒体に保存しても、どこがからがこのデータのはじまりで、どこが終わりかもさっぱりわかりません。見分けがつかないのです。

このため、記録媒体に多数のデータを保管し、管理するための仕組みがあります。
これが「ファイルシステム」と呼ばれるもので、「FAT」や「NTFS」という名前を聞いたことがある方も多いかと思います。

データがハードディスクのこの位置からこの位置に入っていて、ファイル名は○○というデータを管理するためのいわば「台帳」です。

論理障害はこの「ファイルシステム」に異常が起こることで発生します。
データはハードディスクに入っているものの、台帳が壊れてしまったので見分けがつかず、データは取り出せなくなってしまうのです。

datarecovery06

台帳にあたる管理情報の部分が破損・消失すると、データは取り出せなくなる

また、正確には障害とはいえませんが、誤って初期化したり、データを削除してしまうミスをすることがあります。コンピューターにデータを削除する指示を出すと、コンピューターはファイルシステム(台帳)に書かれたデータの情報を削除します。しかし、メディアに書かれた0と1のデータは削除しません。
つまり、台帳だけ消してもデータの実態は残っています。
この場合、論理障害のアプローチで復旧できることがあるため、誤削除はデータ復旧の世界では論理障害として扱っています。

注意が必要なのは、論理障害は、物理障害が原因によりファイルシステムが壊れ、結果的に論理障害も引き起こす、といった複合的な障害も多く見られることです

データ復旧ソフトとの違い

「データ復旧ソフト」をご存じでしょうか。家電量販店でもたくさん種類があり、ネットで検索すれば多くのフリーソフトが見つかります。

一見、データ復旧ソフトを使えば失ったデータは取り戻せるのでは・・・?とお考えの方も多いでしょう。
しかし、データ復旧ソフトでは「論理障害」にしか対応できません
物理障害が起こっている場合、対応できないばかりか、弱っている記録メディアにトドメを刺してしまい、専門家でも復旧が困難、最悪の場合復旧できなくなってしまうことがあります。

一見、論理障害のように見えても、物理障害が原因で論理障害を起こしていることも少なくありません。データ復旧ソフトは「データを消した」「フォーマットした」などと原因がはっきり分かっている場合には有効な手段です。それ以外の原因がはっきりしない場合には使うべきではありません。どんな原因でデータが失われたのかを正確に判断するには知識と経験が必要です。

データ復旧があれば、バックアップは不要?

万一の時に頼れるデータ復旧サービスですが、確実にデータを復旧できるものではありません。記録メディアはデータの大容量化により精密度が増し、復旧が一段と難しくなっています。
また、復旧が行えるのはあくまで復旧の余地が残されている場合に限ります。
ディスクの表面がガリガリに削れて粉だらけになっているものは復旧の余地がありません。データ復旧サービスがあるからといって、バックアップをとらなくていい、ということにはならないのです。

datarecovery10

ヘッドがプラッターの磁性体を削ったハードディスク(ヘッドクラッシュ)。この状態になるとデータの復旧は難しい。