データ復旧なら東京・秋葉原

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

あなたの大切なデータをよみがえらせます

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

国家資格者が復旧します
情報処理安全確保支援士
第000079号 宮澤 謹徳
0120-29-8895
受付9:30~12:30/13:30~18:00
土曜/日曜/祝日定休 営業日カレンダー

認識しないMicroSDカードのデータ復旧

物理的な障害はデータ復旧ソフトでは復旧できません

MicroSDカードを、パソコンやスマホに挿入しても「カードがありません」「容量0MB」「容量5MB」などと表示され、全く認識されない場合「物理的な障害」を起こしている可能性があります。
「物理的な障害」は「データ復旧ソフト」では復旧することができません。
データ復旧ソフトは、削除したデータの復旧には威力を発揮しますが、「カード自体を認識できない」場合には無力です。
このような場合でもあきらめないでください。当店の専門技術により復旧できる可能性は残されています。
なぜ認識しなくなるのか、どのように復旧するのか、その原理と内容を詳しくご案内します。

これらの症状は「物理的な障害」に該当し、データ復旧ソフトでは復旧できません。

MicroSDはなぜ認識されなくなるのでしょうか?

MicroSD内部の「コントローラー」が故障すると、認識されなくなります。
MicroSDの内部構造は、データを蓄える「NAND型フラッシュメモリ」、スマートフォンやPCとやりとりする「コントローラー」が一枚の中に納められています。

コンタクトピンが、コントローラーとNANDメモリチップの中継をしています。コンタクトピンは、データ復旧のために重要な存在です。(コンタクトピンについては、復旧作業の説明のところで説明します。)
NANDメモリチップは「メモリセル」に電子を蓄えることでデータを記録します。原理上、同じメモリセルばかり使うと電子を蓄える酸化膜の劣化により記録できなくなります。そのため、平均してメモリセル全体にデータが書き込まれるように調整する必要があります。また、高速化を図るため、大きな領域を分割し、再結合するなど様々な、複雑な技術が使われています。これらの機能を司るのが「コントローラー」です。このコントローラーが故障することにより、認識されなくなる、即ち保存したデータにアクセスすることができなくなります。

コントローラーの故障の原因

コントローラーの故障は、NANDメモリチップのメモリセル(素子)が経年劣化で壊れることに起因します。
コントローラーは壊れたメモリセルを使わないように制御しますが、しかし、メモリセルの劣化が急速に進むとコントローラーは制御ができなくなり(オーバーフロー)動作を停止します。

また、静電気などの影響でコントローラーが自身が破損することもあります。

復旧の方法とサービスの流れ

STEP1 初期診断(無料)

お預かりしたMicroSDを顕微鏡で確認し、復旧の見込みがあるかを検討し、処置の方針を立てます。カードが割れている、ヒビが入っている等の場合、内部のナノレベルの配線が切れていることが多く、対応不可能です。

STEP2 コンタクトの削り出し処置

コントローラーの故障により、データにアクセスできなくなった場合、コントローラーを経由せずに、直接NANDメモリにアクセスして強制的にダンプデータ(生のデータ)の取り出しを試みます。NANDメモリに直接アクセスするために使うのが、前出の「コンタクトピン」です。
MicroSDの裏側を丁寧に薄く削り、コンタクトピンにNANDメモリに(最低13本)電極をつなぎ、強制的にデータの取り出しを試みます。

お客様の了解を得てから、MicroSD表面の削り出しを行います。
この処置は9,000円(税別)の費用がかかります。復旧が不可能な場合でもこの作業費は必須となります。

STEP3 コンタクトピン接続とダンプデータの取得

削り出したコンタクトピンと専用機材を接続します。コンタクトピンは最低でも13本あり、13本のピンの役割を割り出せなければデータを引き上げることは不可能です。(別途解析が必要となる場合があります)。コンタクトピンの接続と設定が正しく完了すると、データの元となるダンプデータ(生データ)を吸い上げます。認識しなくなったMicroSDはメモリセルが劣化していることがほとんどなので、一回で吸い上げられることはまずなく、何度も時間をかけて行われます。

STEP4 組み上げ

ダンプデータを元のデータの形に組み上げます。
吸い上げたダンプデータはそのままではファイルの形になりません。ばらばらになったジグソーパズルのような状態です。
フラッシュメモリは劣化を避けるため同じ場所だけに書き込まれないようにコントローラーで分割、ビット反転、排他的論理和等々複数回の演算を行った上で記録します。どのような演算をおこなっているか時間を掛けて解析します。

STEP5 イメージ生成

組み上げが終わると最終的にディスクイメージ(パーティションのようなもの)が生成されます。

STEP6 論理解析

ディスクイメージを論理解析します。ディスクイメージがきれいな状態ならそのままツリー状のファイルシステムが出現し、ファイルが取りだせますが、ファイルシステムが破壊されている場合、ファイルヘッダによる切り出し処置(ファイルの種類での強制回収)となることもあります。
※データに破損が多い場合などは、STEP3~6を何度も繰り返します。

STEP7 復旧

復旧データを取り出し、納品用メディアへ書き込みます。

料金(税別)

  1. お見積・ご相談 無料 (MicroSDの基板配列を確認しお見積をいたします)
  2. 削り出し料金 9,000円(他店で削ってある場合も再度加工を行うために必要です)
  3. 調査料金 18,000円(復旧不可能な場合も発生します)
  4. 復旧料金 168,000円~(容量により異なります)

※手作業で1ヶ月に2~3枚程度しか作業を行えないため受付状況によりお待ちいただく場合があります。

※削り出し料金、調査料金は、復旧不可の場合にもかかります。

復旧事例

32GB MicroSDHC

経緯

3年ほど前にスマートフォンと一緒に購入して使用していた32GBのMicroSD。
半年ほど前にスマートフォンを新しく買い換え、古いスマートフォンから取り出したこのMicroSDを挿して使用していた。2ヶ月ほど前から「SDカードがありません」と表示が出るようになり、再起動すると治るのでそのまま使い続けていたところ、今度は再起動しても「SDカードがありません」のままで全く認識されなくなった。キャリアショップに持ち込んだが、カードが故障してるのでどうしようもない。データは諦めるしかないと言われた。
ネットで検索したデータ復旧会社数社に依頼したところ、全く反応がないものは対応できないと断られ、当店に依頼された。子供が生まれたばかりの頃の大切な写真や動画が入っているのでどうにか復旧してほしいとご依頼。

状況

USBのカードリーダーでPCに接続してみると、カードリーダーのLEDが点滅が続き、まったく認識されていませんでした。コントローラーの故障と判断し、カード背面のコンタクトピン配列を確認すると当社で対応できる可能性が高いことからお見積を作成し、作業に着手しました。
表層の剥離も問題なく完了し、コンタクトピンに接続したところ、8GB×4層構造であることが確認できました。約2週間、5回に渡る読み取りを経て、32GB中の0.002%エラーという大変好成績でダンプデータの回収に成功しました。
1週間ダンプデータの解析を行い、最終的に約6,000枚の写真、100以上の動画を回収することができました。

お客様の声

キャリアショップで「諦めるしかない」と言われた時には呆然とし、帰りの車内で妻につられて泣いてしまいました。2社にダメと言われ、諦めかけていましたが、ほぼすべての写真が復活できています。奇跡です。諦めないで良かったです。本当にありがとうございました。感謝しかありません。

2GB MicroSD

経緯

息子が購入したスマートフォンに付属していた2GBのMicroSDです。「大きな容量のものに買い換えるからあげる」と譲り受けました。丁度、デジタルカメラに使うSDカードがなかったので、カードアダプターを使って撮影に使うことにしました。旅行に持って行ったり多数の写真を撮り、そろそろパソコンに取り込もうと思い、ノートPCに差し込んだところ、まったく認識されませんでした。どうしても写真を復活させたいと思い、都内のデータ復旧業者に依頼しました。数日後当店では対応不可能でした。と返却されました。裏側には削った跡があり、何らかの作業は行ったようです。

状況

他店で表層が剥離された状態でした。お見積のご了承をいただき、早速IDの読み取りを行ったところ、何の問題もなく読み取りが行われました。容量が小さいため、1週間程度でダンプデータの回収が完了。2GB中3%程度のエラーで回収ができました。
データを解析したところ、論理構造に破損があり、ファイル形状での取り出しとなりましたが状態は比較的良く200枚程度の写真を回収することができました。全工程10日ほどで完了しました。

お客様の声

大事な写真が取りだせて感謝しています。

よくある質問

お支払い方法などサービス全般に関する質問、他の媒体と共通する質問はこちらをご覧ください。
記載がないものはこちらからご質問をお寄せください。

壊れたMicroSDが直るのでしょうか?
壊れたMicroSDが直るわけではありません(直せません)。通常の手段でアクセスできなくなったMicroSDからデータを救い出すサービスです。
数枚の写真だけ欲しいのですが早く復旧できますか?
一旦全容量分のダンプデータを回収する必要があるため、期間は変わりません。
復旧までどの程度時間がかかりますか?
早くて1週間。長いケースで2ヶ月以上かかります。
どのくらい費用はかかりますか?
削り出しに9,000円、調査に18,000円かかります。
復旧できる場合で168,000円~(容量により異なります)かかります。
どんな場合は復旧できないのでしょうか?
メモリチップは応答する(IDを返す)が、内部メモリセルが大量に破損(全体容量の2割以上)しているもの、あるいは電荷を失っている(いわゆる「蒸発」している)ものは復旧不可能となることがあります。また、コンタクトピンがNANDに直接接続されていない製品は当店では対応不可能です(X線による内部撮影が必要となります)。他にコンタクトピンの配列が特殊で解析不可能な場合、コントローラーの挙動が不明な場合等が挙げられますが、正確には「現時点で対応不可能」なだけであり、解析が進むと将来的には復旧できる可能性も残されているといえます。
復旧できない場合でも費用はかかりますか?
削り出し費用、調査料金がかかります。
いわゆる「蒸発」しているものは復旧できますか?
フラッシュメモリは、メモリセルに電荷を蓄えてデータを記録するという構造上、長期間通電せずにいると電荷が消えてしまう、即ちデータが消えてしまう現象が発生します。これが蒸発と言われている症状です。電荷が消えてしまっているものは復旧の手立てありません
おかしくなってから数年間放置していたものでも復旧できますか?
上記の「蒸発」が起きていなければ復旧できる可能性はあります。放っておくと復旧できる可能性が時間とともに減少しますので早めの対応が必要といえます。
どんなものでも対応できるのですか?
裏面の電極から直接NANDメモリにアクセスできる構造のものに限ります。一部メモリに直接アクセスできないタイプの製品や、電極のパターンが解析されていないものがありますが、削り出しを行って電極を当ててみないと対応できるかできないかわかりません。
他社で復旧できなかったものも対応できますか?
対応できる可能性はあります。他社の診断内容をお知らせください。

お客様へのお願い

MicroSDの復旧は非常にやっかいです。費用と時間を掛けて調べても、復旧不可能なことが判明する結果に終わることもあります。復旧をご発注いただくにあたり、下記の事項をご承諾ください。

  • 急ぎの復旧は対応できません。1週間~2ヶ月程度の長い時間がかかります。
  • ファイル名が消失している場合があります。
  • 写真や動画など形式がはっきりしているファイルしか復旧できない場合があります。
  • フラッシュメモリーは技術の進歩が速く、復旧技術はその後を追いかけるため、今現在復旧不可能という判定が出る場合があります。
  • 復旧できない場合でも削り出し料金、調査料金がかかります。
  • 受け入れ状況、機材の空き状況によりお待ちいただくことがあります。

お問い合わせはこちらから

0120-29-8895
受付時間 平日9:30~12:30/13:30~18:00