基礎から押さえるRAID講座 vol.7

ご注意
RAID障害の自己診断は非常に危険です。むやみに操作を行うと専門家でも復旧できなくなる恐れがあります。
Terastation等の故障でお困りの方は「RAIDデータ復旧サービスのページ」をご覧下さい。

基本的なRAIDレベル

各RAIDレベルの特徴について詳しく説明いたします。それぞれのRAIDレベルには、メリットだけでなくデメリットも必ずありますので、ご自分の目的にあったものがどのレベルなのか、良く吟味してみてください。

RAID0【レイド・ゼロ】

別名:ストライピング

必要HDD数:最低2台

概要

2台以上のHDDを組み合わせて一つのストレージとして扱う仕組み。
データはブロック単位で分割されて複数のHDDに対して同時並行的に処理される為、通常よりも処理速度が高速になります。
反面、冗長性は備えておらず、構成するHDDのうちどれか1台に障害が発生するとシステム全体が動作不能となり、全てのデータへのアクセスが不可能となります。

なお、「RAID」の「R」=冗長性(Redundancy)を持たない事から「RAID」には含まれないとの解釈もありますが、ストライピングはRAIDにおける高速化技術の基本となっており、多くのRAID製品でサポートされています。

RAID0のしくみ

RAID0のしくみ

[1] データはRAIDコントローラー上でブロック単位に分割されます。
[2] 複数のHDDに分散して書き込まれます。

メリット
  • 構成するHDDの台数に比例してアクセスが高速になる。
  • 構成するHDD全ての合計容量を利用でき利用効率が高く、容易に大容量の単一ストレージを作成できる。(※1)

(※1)構成するHDDの容量が異なる場合は合計容量を使い切れない。基本的にRAIDでは同一容量のHDDを使用する事が推奨される。

デメリット
  • 耐障害性は無く、構成するHDDのうち一台でも障害が発生すると動作不能となる。
  • 構成するHDD台数に比例して故障する確率も高くなる。

基礎から押さえるRAID講座 もくじ