ご注意
本記事の作業を行う場合はあくまで自己責任です。ご自身の力量を見極め、作業を行うかどうかお考えください。
作業に自身が持てない場合は「HDDデータ復旧サービスのページ」をご覧下さい。

データ復旧を実行

試用版にて復旧可能であることが確認できたら、製品版をご購入ください。

製品版が到着したら

ERの製品版を購入したら、前回作成したスキャン結果を使用してデータを復旧します。

1.まず作業用のパソコンを起動してから、前回(P.10参照)と同じUSBポートに復旧対象HDDを接続します。

まず初めに復旧対象HDDを接続します

まず初めに復旧対象HDDを接続します

2.到着したCD-ROMからERを起動します。

EasyRecovery製品版を起動

EasyRecovery製品版を起動

3.操作パネルから「Resume Recovery」をクリックします。

「Resume Recovery」をクリック

「Resume Recovery」をクリック

4.前回作成したスキャン結果を指定して「開く」をクリックします。

試用版で作成したスキャン結果ファイルを開きます

試用版で作成したスキャン結果ファイルを開きます

5.前回のスキャン結果が表示されるので、復旧したいフォルダやファイル全てにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

前回のスキャン結果が表示されます

前回のスキャン結果が表示されます

6.データの復旧先を指定します。作業用パソコンのHDD、もしくはデータ保管用のHDDを指定してください。

保存先の警告

保存先の警告

復旧データ保存先の設定

復旧データ保存先の設定

7.復旧を開始します。

データ復旧中の画面

データ復旧中の画面

8.復旧先のフォルダを開き、データが復旧されたことを確認してください。

データ復旧完了時の画面

データ復旧完了時の画面

ここまでの作業で、データ復旧は一通り完了です。


自分でできるデータ復旧講座 もくじ

いろいろな方法を試しているが、うまく復旧できず、
このまま頑張っても壊してしまいそうだ、とお悩みではありませんか?

まずは、データ復旧のプロの診断を受けてみませんか?あなたの大切なデータが復旧できるか無料で診断しています。

・データを復旧できるのか?
・復旧料金はいくらか?
・何日で復旧できるのか?

もちろん秘密は厳守します。強引な勧誘はいたしません。
さあ、いますぐ無料診断をお申し込みください。