基礎から押さえるRAID講座 vol.14

ご注意
RAID障害の自己診断は非常に危険です。むやみに操作を行うと専門家でも復旧できなくなる恐れがあります。
Terastation等の故障でお困りの方は「RAIDデータ復旧サービスのページ」をご覧下さい。

組み合わせRAIDレベル

各RAIDレベルの特徴について詳しく説明いたします。それぞれのRAIDレベルには、メリットだけでなくデメリットも必ずありますので、ご自分の目的にあったものがどのレベルなのか、良く吟味してみてください。

RAID0+1【レイド・ゼロプラスワン】

別名:RAID01

※ベンダによりRAID1+0またはRAID10と扱われているケースもある

必要HDD数:最低4台

概要

RAID1とRAID0を組み合わせて、
・容量の増大
・速度の高速化
・耐障害性の向上
を狙った技術です。RAID1とRAID0の組み合わせにはもう一つ「RAID1+0」があります。

RAID0+1は、簡単に言うと「RAID0(ストライピング)」をミラーリングする仕組みです。通常のRAID0ですとHDDが一台故障した段階でシステムが停止してしまいますが、RAID0+1では完全に同じミラーボリュームが用意されている為、片方のボリュームが停止してもシステムは継続して稼働できます。

RAID0+1のしくみ

RAID0+1のしくみ [1]-1 まず、データがブロックに分割されます。
[2] 分割されたデータを各RAID0アレイに同時にストライピングで保存します。
※「RAID0アレイ1」と「RAID0アレイ2」をミラーリングしているイメージです。

メリット
  • RAID0に冗長性を付与することができる。
  • 速度の高速化が図れる。
デメリット
  • RAID10よりも耐障害性で劣る。
    (2台のストライピングx2の計4台で構成されたRAID01の場合、各ストライピングの1台ずつ計2台が故障した時点で動作不能となる)
  • ミラーリング構成の為使用可能HDDの2倍のHDDが必要となり、容量効率がRAID5に劣る。
  • 最低4台のHDDが必要な為、導入コストが高い。

基礎から押さえるRAID講座 もくじ