基礎から押さえるRAID講座 vol.11

ご注意
RAID障害の自己診断は非常に危険です。むやみに操作を行うと専門家でも復旧できなくなる恐れがあります。
Terastation等の故障でお困りの方は「RAIDデータ復旧サービスのページ」をご覧下さい。

あまり使用されないRAIDレベル

各RAIDレベルの特徴について詳しく説明いたします。それぞれのRAIDレベルには、メリットだけでなくデメリットも必ずありますので、ご自分の目的にあったものがどのレベルなのか、良く吟味してみてください。

RAID2【レイド・ツー】

必要HDD数:最低5台

概要

データ本体とエラー修正用の冗長コードをそれぞれ複数の専用ドライブに分割して記録する方式。データはセクタ単位でなく「bit」「byte」といった容量単位で分割されます。
冗長コードには、メインメモリなどで使用されるECC(Error Correction Code:ハミングコード)という仕組みが採用されている点が特徴ですが、この仕組みはHDDに使用するには過剰であり、動作も遅く、実用的ではありません。
また、データと冗長コードはそれぞれ複数の専用ドライブが必要であり、最小構成の場合でもデータ用2台・修正コード用3台の計5台のHDDが必要となります。
なお、現在市販されているRAID製品でRAID2が採用されているものはほとんどありません。

RAID2のしくみ

RAID2のしくみ [1]-1 RAIDコントローラ上でデータが特定の容量に分割されます。
[1]-2 同時にエラー修正用コード(ECC)が生成されます。
[2] データは複数のドライブに分散して書き込まれ、それと同時にECCが専用のドライブに書き込まれます。

メリット

極めて高い耐障害性(最小構成の場合、同時に2台のHDDが故障しても修復可能)

デメリット
  • 冗長コードの計算がパリティよりも複雑で速度面での性能が低い。
  • HDDの利用効率が極めて低い。

基礎から押さえるRAID講座 もくじ