自分でできるデータ復旧講座 vol.19

ご注意
本記事の作業を行う場合はあくまで自己責任です。ご自身の力量を見極め、作業を行うかどうかお考えください。
作業に自身が持てない場合は「HDDデータ復旧サービスのページ」をご覧下さい。

【コラム】GMailを利用する

これを機に、インターネット上のメールサービスのご利用を検討される事もお勧めです。万が一パソコンが壊れてしまっても、インターネット上にデータが保存されていればとりあえずメールだけでもすぐに利用ができます。
特にGoogleの「GMail」ならば、既存のメールアドレス(例えばプロバイダのメールアドレス)を設定して送受信することもできますので、メールアドレスを変更する手間もありません。また、メール保存可能な容量は非常に大きく、個人で使用する限り容量オーバーということはまず無いでしょう。

また、CSV形式であればアドレス帳データのGMailへのインポートも可能です。今回復旧したアドレス帳データをGMailに取り込む場合は、一度パソコンで使用していたメールソフトに取り込み、その上でCSV形式で出力します。また、既存のメールソフトで送受信したデータをGMailに取り込む為のツール(GMail Loader)もフリーソフトで開発されています。ご興味がありましたら、是非検索してみてください。


自分でできるデータ復旧講座 もくじ