自分でできるデータ復旧講座 vol.9

ご注意
本記事の作業を行う場合はあくまで自己責任です。ご自身の力量を見極め、作業を行うかどうかお考えください。
作業に自身が持てない場合は「HDDデータ復旧サービスのページ」をご覧下さい。

【コラム】直接HDD接続をお勧めしない理由

今回ご紹介するのは「HDDをUSB化してデータ復旧を試みる」方法です。
ある程度パソコンに詳しい方の中には、「何故HDDを直接IDEやシリアルATAで接続しないのか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに、そうすれば変換する手間も機材も省けます。
しかし、直接内蔵用ポートに接続する場合、基本的にパソコンの電源を切った状態で接続します。復旧を試みる場合は当然パソコンの電源を入れて作業用HDDのOSを起動させる必要がありますが、ここで、もし復旧対象のHDDに若干でもエラーが発生していた場合、自動的にチェックディスクが起動してしまう事があります。そうすると、HDDの状態が変わってしまい、データが復旧できなくなってしまう可能性があるのです。
また、OSのインストールを行う際に誤って復旧対象のHDDにインストールをかけてしまう、という可能性もあります。どんなに注意しても、うっかりミスというものはあり得ます。その為、今回はUSB接続による方法をご紹介したのです。


自分でできるデータ復旧講座 もくじ