基礎から押さえるRAID講座 vol.18

ご注意
RAID障害の自己診断は非常に危険です。むやみに操作を行うと専門家でも復旧できなくなる恐れがあります。
Terastation等の故障でお困りの方は「RAIDデータ復旧サービスのページ」をご覧下さい。

目的・用途別お勧めRAID構成(2)

ここでは、目的・用途を元にしたお勧めのRAIDレベルをご提案します。ご自分のケースにマッチするものがあれば、ご参考としていただければ幸いです。

高速処理を求める方にお勧めのRAID

CG処理やデザイン、ゲーム制作などの高速処理を必要とする場合、性能だけを見ればRAID0が最も高速となる為お勧めです。ただし、これまでに何度も書いてきた通りRAID0には一切の冗長性がありませんので、構成するHDDの内一台でも故障してしまうとシステムが停止してしまいます。
また、RAID5で使用するHDDの台数を増やす方法もあります。RAID5ではパリティ用にHDD1台分の容量を使用しますが、構成するHDDの台数が増えてもこのパリティ用に使用する容量は変わりません。その為、構成するHDDの台数が増えればそれだけ並列処理できるHDDの台数も増えますので、処理速度も向上します。


基礎から押さえるRAID講座 もくじ