東京・秋葉原のデータ復旧専門店

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

あなたの大切なデータをよみがえらせます
東京・秋葉原のデータ復旧専門店

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

情報セキュリティの国家資格を持つ女性スタッフが対応します

PTAで引き継いだUSBメモリを壊してしまった

PTAで引き継いだUSBメモリを壊してしまった

あっという間に4月ですね。
この時期に多いのは「PTAで引き継いだUSBメモリを壊してしまった」というトラブルです。
これすごく多いのです。

実際に持ち込まれた現物を示します。

何の変哲もないUSBメモリに見えますが、印刷されたマークにご注目。
「Windowsに対応しています」というマークなのですが、なんとWindows Vista
何年前のものでしょうか?WindowsVistaがリリースされたのは2006年です。
16年もの間使われていたということです。

覚えておいていただきたいのは、USBメモリは永久に使えるものではなく「消耗品」です。
USBメモリは「フラッシュメモリ」というメモリにデータを蓄えるのですが、
フラッシュメモリというものは、内部に電気を蓄えることで、デジタルの0と1を表現します。
寿命が近づくと、電気を蓄えられなくなり、データを保持することができなくなるのです。

この理屈はスマホの電池が持たなくなる、
車のバッテリーが長持ちしなくなるという現象を思い浮かべていただくと
理解できると思います。

しかも、このUSBメモリ、困ったことに
いつ寿命がくるのか知る術がありません。

PTAで引き継いで、PCに挿してみたら文字化けしてデータが全部消えてしまった。。。

運悪く、このタイミングで引き継がれた方は真っ青で、
自分が壊してしまったと自責の念に駆られます。
幸い復旧できた場合でも、料金をPTAで負担させることはできないからと
自腹を切る方も多いのが現実です。

PTAでUSBメモリを使われる場合、
高いものではありませんので
毎年必ず買い替えていただきたいと思います。

その際にはホームセンターなどで売っているノーブランドの安いものではなく、
Sandiskなど、信頼性の高いメーカー製のものをお選びください。
また、なるべく容量の小さいものをお選びください。

そして何より、GoogleDriveなどクラウドサービス移行することをご検討ください。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、それは「専門家」に相談することです。

国家資格を持った女性専門家がご相談にお答えします。

鈴木と申します。突然のことで、とても不安に感じていらっしゃると思います。皆様が少しでも早く安心していただけますように、丁寧にご説明いたします。カンタン相談フォームから、またはお電話で、お気軽にお問い合わせください。しつこい営業活動は決して致しませんのでご安心ください。

03-5833-0522

ご相談された方からの声

大事な写真が消えて、ずっと悩んでいました。思い切って相談してよかったです。(千葉県 矢澤様)

症状や処置方法を丁寧に教えていただき、安心して依頼できました。(埼玉県 山下様)

カンタン相談フォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    復旧したいものは何ですか? (必須)
    パソコン/ハードディスクMicroSDカード・SDカードUSBメモリその他

    お困りの内容をご記入ください