瀕死状態のUSBメモリのデータ復旧

無残に先っぽが取れかかったUSBメモリ。
パソコンにつないだ状態で、ぶつけてしまったそうです。
私もやったことがあります・・・

パソコンに接続した状態でぶつけたImationのUSBメモリ

分解すると、
もはや首の皮一枚でくっついているような様子です。

USBコネクタが基板から剥離している

コネクタを完全に取り外します。
あ、なんかいや~な予感が・・・・・

USBコネクタを完全に取り外してみる

マイクロスコープでみると、パターンが剥離しています。
つまり、ハンダ付けするところがもぎ取られてしまっています。
これではハンダをつけなおして、というわけにはいきません。

基板のバターンが剥離している

マイクロスコープを覗きながら、残ったパターンを削り、
データのやりとりができるようにコンタクトを出します。

パターンを削ってコンタクトを出す

極小のコンタクトをつくり、ワイヤリング。
USB接続をして、無事認識しました。

極細のワイヤで接続

影響で若干データに破損はみられましたが
比較的キレイな状態でデータを回収することができました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次