SONY VAIO Duo11 SSDの突然死

今年に入り、SSDを搭載したノートPCの復旧依頼がジワジワ増加しています。
昨年頃から兆候は見られていましたが、正直これほど増えるとは思っていませんでした。
データ復旧屋にとって、少し困った事態となっています。

理由は何点かありますが、一つは「分解が大変」ということ。
データを復旧するために、パソコンを分解して中からSSDドライブを取り出すのですが、
パソコン全部を分解しないと取り出せない奥底に潜んでいます。
HDDの時代はネジ一つで簡単に取り外せましたが、SSDの場合解体で2時間、組み立てで2時間と
作業の下準備だけで半日かかることもザラではありません。

先日ご依頼があったソニーのvaio Duo 11(SVD11219CJB)を見ていただきましょう。
タッチ操作、キーボード入力、ペン入力自在に使えるスライダー機構を搭載したフラッグシップモデルです。
朝使おうと電源を入れたら、SSDが全く認識されない状態となっており、お持ち込みいただきました。

さすがにかっこいいです。

SONY VAIO Duo11

横から見るとこんな感じ

SONY VAIO Duo11 横から見るとこんな感じ

なんの変哲もない裏面、この後ネジ地獄が待ち受けていました。

VAIO DUO 11の裏面

ネジのある場所に番号を振ったシールを貼ります。
ちなみにネジは何種類もあるのでシールを貼らないと絶対にわからなくなります。

ネジの場所に番号を振ったシールを貼る
このスピーカーの裏にもネジが隠されています。

スピーカーの裏にもネジが隠されている

全部外した図です。ここまで1時間はかかっています。

ネジを全部外した状態

ケーブルがあるので、裏蓋を慎重に外します。

裏蓋を外した状態

上に見える長く平べったいのがバッテリー。その下にある丸いのはCPUファン
このオレンジ色のフラットケーブルの下にSSDが隠されています。

オレンジのフラットケーブルの下にSSDが装着されている

フラットケーブルの片側を抜きます。下に東芝製のチップが見えます

フラットケーブルの片側を抜くと下に東芝製のチップが見える

wifiモジュールとメインボードのネジもはずさなければなりません

Wi-Fiモジュールとメインボードのネジを外す

やっと外せました。TOSHIBA SOLID STATE DRIVE THNSNS128GMCP
インターフェースはmSATA
ここまで外すのに、先ほどからさらに1時間以上かかっています。

取り出したSSDはmSATAのTOSHIBA THNSNS128GMCP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次