TeraStationの変わり種 TS-WXL/1D

今年のクリスマスは、日本人3人がノーベル賞を受賞した影響か、イルミネーションのLEDの量がものすごく多い気がするのは、気のせいでしょうか・・・

さて、RAID対応NASとして超有名なテラステーションですが、実は出荷時にRAID構成になっていない変わり種があります。

TS-WXL/1Dです。
出荷時設定は、2台のドライブを個別のドライブとして使う設定になっています。(自分で設定変更が可能)

もし出荷時設定で使われていて、ハードディスク1台が壊れただけの場合、1台分の復旧料金で済みます。
障害がおこった場合は、もう1台に影響の出ないうちに、お早目にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × one =