Linkstation LS-W1.0TGL/R1 RAID0で1台故障のデータ復旧

LSW10TGLR1-300x224

リンクステーション LS-W1.0TGL/R1のデータ復旧をご依頼いただきました。
お客様はRAID0かRAID1かを把握されていませんでしたが、
購入当初のままということなのでおそらくRAID0でしょう。
Terastationではなく、LinkstationブランドのRAID搭載NASは「初期設定はRAID0」です。

中からハードディスクを取り出し、専用の診断機に掛けてみると、1台は若干の不良セクタがありますが、まあ許容範囲です。もう1台があらら・・・・こりゃだめだ、ということで回収ツールの出番です。
赤い部分がリードエラー、青いところが明らかな不良セクタです。ディスクの頭の部分と中間部分にこのような状態が周期的に続き、リトライが繰り返され最終的にディスクが認識されなくなります。

読み取りに丸々3日かかりましたが、なんとか回収完了。
RAID0セットを組んでみると、データは問題ないことが確認できました。
不良セクタの部分が丁度データ部から外れていたようで不幸中の幸いでした。

いろいろな方法を試しているが、うまく復旧できず、このまま頑張っても壊してしまいそうだ、とお悩みではありませんか?

まずは、データ復旧のプロの診断を受けてみませんか?あなたのデータが復旧できるか無料で診断しています。

・データは復旧できるのか?
・復旧料金はいくらか?
・何日で復旧できるのか?

もちろん秘密は厳守します。強引な勧誘はいたしません。
さあ、いますぐ無料診断をお申し込みください。

関連記事

  1. IMG_8539_2

    HDL-Z2WS2.0A RAID 1(ミラーリング)で運用、動作しな…

  2. 003_IMG_1855_s-246x200

    LS-WV2.0TL/R1J RAID1 メーカーにファームウェア障害…

  3. 004_IMG_2743s-246x200

    TS-XH4.0TL/R6稼働中にハードディスクを引き抜いてRAID崩…

  4. R0013240-225x300

    Lacie LCH-2B4TTB RAID0運用で一本が物理障害

  5. LS-WV40TLR1J-300x225

    BUFFALO LS-WV4.0TL/R1J RAID0のデータ復旧

  6. R0015591-246x200

    IO-DATAのNAS「ボリュームのマウントに失敗しました」でランプが…

最近の記事

  1. IMG_1318
  2. IMG_1277
  3. IMG_1269
  4. IMG_1256
  5. IMG_1231