BUFFALO Linkstation LS-WH1.0TGL/R1 停電後電源が入らない

渋谷区の旅行代理店様から「ビルの停電後にNASの電源が入らなくなった」とご依頼をいただきました。
障害を起こしたNASはBUFFALOのLinkstation LS-WH1.0TGL/R1です。

500GBのHDDが2台入ったモデルで
500GB+500GBの1TBとして使う「RAID0モード」、
2台の500GBのHDDに同じデータを書き込む「RAID1モード」、
500GBが別々に認識する「通常モード」の3種類のモードを持っています。
ただ、このモデルは出荷時設定はRAID0モードになっています。

RAID0だと、復旧料金も高いですし、どちらかのHDDが復旧できないほど壊れていれば
すべてのデータが失われることを意味します。
こうした場合、「片側のHDDからでも出せませんか?」と言われることがあるのですが
片側を出したところでデータのコマギレしか出てきません。
RAID0の仕組みを詳しくご説明すると
「RAID0ってそういう意味だったんですか・・・」と初めて知るお客様も多くおられます。
今回、RAID1に設定されていればいいのですが。
HDP725050GLA360
内部のHDDは日立のHDP725050GLA360 出荷時そのままのようです。
診断してみると2台ともHDDには損傷は及んでいません。
RAIDの状態を調べてみるとRAID1で、1番、2番とも中のデータに相違はないようです。
良かった。

お見積りを提出しご依頼いただきました。

復旧は完了し、データは無事保全できたので原因を探ってみます。
Linkstationに電源をつないでみるとやはり電源は入りません。

分解して電源ユニットを見てみると、コンデンサに膨らみが出ています。

おそらくこれが原因でしょう。
NASはいったん電源を入れると、停電でもない限り電源を切りません。
しかし、電源ユニットは静かに確実に劣化しています。
今回、停電というトリガーで電源が切れ、再度入れなおそうと思ったら
劣化が進んでいて起動できるほどの能力がなくなっていた、ということです。
ビジネスホンとかネットワークのスイッチングハブも停電後、同じような状況に陥ることが多いです。

このLinkStationも、HDDの製造年月日から想定すると2009年の2月頃に製造されたものと思われます。
さすがに13年。電源ユニットも経たります。

今回、お客様には大変お喜びいただけました。
ご用命いただきありがとうございました。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、
それは「専門家」に相談することです。

まずは無料診断を受けてみませんか?

あなたの大切なデータが取り戻せるか、国家資格を持つプロの診断を受けてみませんか?復旧できるか、料金はいくらか、無料でお調べいたします。もちろん料金が見合わなければキャンセルしても料金はかかりません。お気軽にご依頼ください。

来店して依頼する

日比谷線秋葉原駅から徒歩1分です。

配送で依頼する

宅配便で全国どこからでもご依頼可能です。

お問い合わせ・ご相談

その他料金のこと、対応可否など、ご不明な点はどんなことでもお気軽にご相談ください。

03-5833-0522 

月~金 日・祝
9:30~12:30 -
13:30~18:00 - -

土曜は営業日カレンダーをご確認ください。

おすすめの記事