IO-DATA HDL-GS500の復旧

このごろ2台、3台と複数のハードディスクをお持ちになるお客様が増えています。景気回復の影響なのか、消費増税の影響なのか判断がつきませんが・・・
当社ではようやく消費税増税の準備をはじめました。先週末に業務用のシステムを5%固定で作っていたので、8%、10%対応に改修したり、印刷物を税別に刷り直したり、ああ、本当に増税されるんだな、と実感が湧いてきました。

さて、IO-DATAのHDL-GS500の故障です。
企業でご使用のもの。共有フォルダにアクセスできずに気づかれたそうです。
フタの一部が両面テープで貼り付けられており、分解しづらいです。
ハードディスクを取り出し、診断機に掛けるとS.M.A.R.Tがエラーを自動検知していました。この時点で警報が出る仕様にしてもらいたいですね。
こうした家庭用機器をオフィスでつかうことはお勧めできません。
業務用と家庭用ではハードディスクの耐久性、機器の耐久性が全然違います。
幸いデータはほぼ復旧可能でした。
ご利用ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

6 − two =