Buffalo LinkStation LS220DB ファームウェアのアップデートに失敗、ネットワークで認識しなくなる

BuffaloのLinkStation LS220DB
HDD2台搭載のNASです。
家庭用ネットワークドライブとしてご使用されていました。

ファンクションランプが点滅している状態で、ファームウェアをアップデート中、再起動に失敗したと表示され、その後ネットワークで認識しなくなりました。

ファームウェアのアップデートに失敗してしまう原因としてよくあるのは、内蔵HDDが故障している、または故障しかけていることです。

今回も、HDDのS.M.A.R.T. 情報では、目立った不具合はみられませんでしたが、使用期間が4~5年ほどになりますので、HDDに不良セクタが発生する寸前といったところだったのでしょう。

今回お預かりした機器は、RAID1(ミラーリング)で構成されていました。
2台のHDDそれぞれからディスクイメージを取得し、RAIDを再構築することでデータの復旧に成功いたしました。(2台のうち、1台が先に故障している可能性があるため、RAIDを再構築することで、直近の状態のデータ復元が可能となります。)

ありがとうございました。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、
それは「専門家」に相談することです。

まずは無料診断を受けてみませんか?

あなたの大切なデータが取り戻せるか、国家資格を持つプロの診断を受けてみませんか?復旧できるか、料金はいくらか、無料でお調べいたします。もちろん料金が見合わなければキャンセルしても料金はかかりません。お気軽にご依頼ください。

来店して依頼する

日比谷線秋葉原駅から徒歩1分です。

配送で依頼する

宅配便で全国どこからでもご依頼可能です。

お問い合わせ・ご相談

その他料金のこと、対応可否など、ご不明な点はどんなことでもお気軽にご相談ください。

03-5833-0522 

月~金 日・祝
9:30~12:30 -
13:30~18:00 - -

土曜は営業日カレンダーをご確認ください。

おすすめの記事