LS-QV2.0TL/R5 ネットワークで認識できない、RAID構成不明

IMG_8038

BUFFALO(バッファロー)のLinkStation(リンクステーション) LS-QV2.0TL/R5です。
リンクステーション=シングルNAS、テラーステーション=RAID対応NAS というイメージが強いですが、リンクステーションにもRAID対応の機器があります。

ネットワークで認識できなくなったとのことでご来店いただきました。
RAID設定をした担当者が退社してしまい、RAID構成が不明とのことでお調べしたところ、RAID10の構成でした。

—-バッファロー社のサイトより引用—-
■RAID 10モード
ドライブ2台でデータを2重化したペアを、さらに2台×2でまとめて1組のHDDとしてデータを分散して保存します。各ペアにはそれぞれ同じデータが記録されるため、同じデータを保存したペアのドライブが同時に故障しない限り、最大2台までのHDDの故障に対応できます。高速性と安全性の両立が可能なモードです。
——————————————————————————————–

今回、HDD1&HDD2ペアには異常がありませんでしたが、HDD3&HDD4ペアの2台に物理故障が発生していました。

ご利用ありがとうございました。

いろいろな方法を試しているが、うまく復旧できず、このまま頑張っても壊してしまいそうだ、とお悩みではありませんか?

まずは、データ復旧のプロの診断を受けてみませんか?あなたのデータが復旧できるか無料で診断しています。

・データは復旧できるのか?
・復旧料金はいくらか?
・何日で復旧できるのか?

もちろん秘密は厳守します。強引な勧誘はいたしません。
さあ、いますぐ無料診断をお申し込みください。

関連記事

  1. LS-WV40TLR1J-300x225

    BUFFALO LS-WV4.0TL/R1J RAID0のデータ復旧

  2. R0012597-300x225

    Linkstation LS-Q2.0TL/R5のデータ復旧

  3. 20130713_193115

    Windows Update後Windows2008サーバが起動しない…

  4. x226

    IBM xSeries226 RAID5のデータ復旧

  5. R0012962-225x300

    TS-H1.0TGL/R5 UPSの電源が落ちEMERGENCY MO…

  6. R0015751-246x200

    BUFFALO LS-WV4.0TL/R1J INFO/ERRORラン…

最近の記事

  1. IMG_9115
  2. IMG_8848
  3. IMG_9696
  4. 回復キー_New
  5. IMG_9182