Buffalo LinkStation LS-V1.0TLJ 赤ランプ点灯でデータの中身にアクセスできない

ハロウィンです。秋葉原では電気街方面には仮装した人がいっぱいいそうですが、こちら昭和通り方面はおとなしいもので、普段と何もかわりません。秋葉原駅を挟んで向こうとこっちでエライちがいです。

さて、Buffalo(バッファロー) LinkStation(リンクステーション)LS-V1.0TLJの赤ランプが点灯して、中身のデータにアクセスできなくなったとのことで、ご相談いただきました。

LS-V1.0TLJ ケースを開けるとホコリまみれ

ケースを開けてみると、なかなかのホコリです。
ホコリがたまると放熱性が悪くなります。

不良セクタが多数検出

ディスクイメージは取れましたが、不良セクタ(黒くなっているマス目が不良セクタです)の量がハンパない!!

このようなケースでは、不良セクタからもできる限り回収を試みますが、どうしても物理的に回収できないセクタもあるため、復旧データは多少の破損データが含まれます。
お客様にご確認・了解を頂いた上で、データを納品させていただきました。
ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次