WesternDigital純正のハードディスク診断ツールを使って不良セクタを診断してみる

先日、会社で使っているLinkstation LS-WX2.0TL/R1のハードディスクを交換しました。

毎日自動でエラーチェックをして、異常があるとメールを送る設定になっています。

こんなメールが届きます
-------------------------------------------------
DISKエラー通知
HDDでエラーが発生しました。エラー発生ディスク:ディスク2

(sdb) READ sector:124816896 count:1ディスクの読み込みエラーが発生しました。すぐに故障に至ることはありませんが、定期的なデータのバックアップをお勧めします。
--------------------------------------------------

2本のハードディスクが入っていて、No2にエラーが発生しています。
しばらく放っておくと、こんなエラーメッセージに変わります。

--------------------------------------------------
DISKエラー通知
HDDでエラーが発生しました。エラー発生ディスク:ディスク2

エラー数が警告レベルに達しました。
--------------------------------------------------

上の通知から下の通知に変わるまで約一ヶ月。
おそらく不良セクタが発生して故障に至ったものと思われます。
RAID1に設定していたため、新しいハードディスクに交換して、再構築をポチッと押せば復旧完了です。RAID1にしていて良かったと思う瞬間です。

さて、この取り外したハードディスク、一体どの程度のエラーが発生しているのか?
フォーマットすれば使えてしまうのではないか・・・?気になるところです。

やはり、正確な診断結果が欲しいですね。
こういった場合ハードディスクメーカーで純正の診断ツールが用意されています。
どの程度の破損があるのか把握することが可能です。

内蔵されていたのはWesternDigitalのWD10EARX。
アウトレット品だったので「B」のハンコが押されています。
(うちは復旧屋なので直せますが、カタギの方はちゃんとした製品を買いましょう)

WesternDigitalは純正ツール「Windows用Data Lifeguard Diagnostic」が用意されていますので、これをダウンロードします。
http://support.wdc.com/product/download.asp?level1=6&lang=jp

インストールします
起動するとハードディスクが認識されています。

SMART情報も見ることができます

まずはQuickTESTを実行

テスト実行中・・・・

おーっと、エラーを検知
< FAILがつきます この時点で「文鎮」確定です・・・
念のためEXTENDED TESTも掛けてみます。

多数のバッドセクタが検知されたと怒られました。

結果を表示させます。


テストが途中で止まるほど多くの不良セクタが検出されました。
このハードディスクが使えないことがはっきりとしました。
大事なデータを保管するディスクの場合、念のためこのツールで正常性を確認してみるとよいと思います。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、
それは「専門家」に相談することです。

まずは無料診断を受けてみませんか?

あなたの大切なデータが取り戻せるか、国家資格を持つプロの診断を受けてみませんか?復旧できるか、料金はいくらか、無料でお調べいたします。もちろん料金が見合わなければキャンセルしても料金はかかりません。お気軽にご依頼ください。

来店して依頼する

日比谷線秋葉原駅から徒歩1分です。

配送で依頼する

宅配便で全国どこからでもご依頼可能です。

お問い合わせ・ご相談

その他料金のこと、対応可否など、ご不明な点はどんなことでもお気軽にご相談ください。

03-5833-0522 

月~金 日・祝
9:30~12:30 -
13:30~18:00 - -

土曜は営業日カレンダーをご確認ください。

おすすめの記事