WindowsXP終了記念に、Windows1.0をインストールしてみた(1)

4月9日にWindowsXPのサポートが終了しました。
じゃ、せっかくの機会だからアレを入れてみよっか♪ と思いついたのがコレです

NECのプラスチックのパッケージ

ジャケットには
「NEC PC-9800シリーズ SOFTWARE LIBRARY  MS-WINDOWS(TM)」と記されています。
バージョン表記らしきものは見つかりません。

パッケージを開くと3.5インチのフロッピーが二枚入っています。

VERSION1.0  一番最初のWindowsです

昔からパソコンを使っていた人でも、さすがにWindows1.0は触れたどころか、目にしたことすらないと思います。当時はDOS全盛時代でしたから。

実は私も入手していながら、インストールするのは初めてなのです。
今から25年ほど前、秋葉原のラジオ会館にあった「Bit-Inn東京」に立ち寄った際、
ワゴンセールをやっていて100円とか500円のような金額で購入した覚えがあります。
いつかインストールしてみようと思いつつも、機会なく現在に至ったわけです。

インストールするパソコンは当方ブログでおなじみの元ジャンクなPC-9801USさん

ハードディスクにはMS-DOS5.0がインストールされています。
ちなみに95以前のWindowsはMS-DOS上で動作します。
DOSでブートし、フロッピーを入れ、SETUP.EXEを実行。
セットアップが開始されました。

フロッピーディスクの交換を促す画面
昔からAA職人はいたのでしょうか

渋いAA

渋いAA

インストール終わり

WINと入れて起動
真っ白おや・・・何か起動時にエラーっぽい画面が秒速で表示されたあとに
画面が真っ白
タイミングを狙ってエラー画面の写真を撮ってみます。

あーDOSのバージョンが新しすぎです。SETVERするのも古すぎるので
いったんハードディスクを初期化して、DOSをインストールしなおしました。
パーティションを切って、MS-DOS3.3DとMS-DOS5.0の両方いれ、デュアルブート。

MS-DOS3.3Dで起動し、再びセットアップを実行

今度は無事起動したようです。

・・・・・地味すぎる初期画面。起動画面もありません。
しかも、マウスが動かない・・・キーボードショートカットも現在のものとはぜんぜん違うらしく操作が効きません。
しょうがないのでDOSに下り、マウスドライバを組み込みます。

DOSのマウスドライバを入れてもマウスは動かず。
マニュアルは捨ててしまったので
セットアップディスクにあったREADMEファイルを読むと、インストーラには/Mというオプションというのがあるらしい。
/Mをつけてもう一度インストールを実行。
いろんなオプションが出てきました。
起動します。

やっとこさマウスが動作(祝)

後半に続く

Tagged on: ,

One thought on “WindowsXP終了記念に、Windows1.0をインストールしてみた(1)

  1. Pingback: WindowsXP終了記念に、Windows1.0をインストールしてみた(2) | データSOSのアキバ日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five + three =