TOSHIBA HD-SB50GS 全く認識しなくなってしまった

外付けハードディスク、TOSHIBA HD-SB50GSです。
パソコンで、中のデータを全く見られなくなってしまったのことで、ご相談いただきました。

お調べしたところ、データを読み込もうとすると、保護機構が働いてしまい、結果的にHDDが停止してしまう状態となっていました。
このようになる原因として、プラッターに不良が生じており、HDDには不良を自己修復するプログラムが組み込まれているのですが、
自己修復できる範囲を超えてしまい、結果的に動作を停止させてしまったことが考えられます。

ケースを開けると、中のHDDはMQ01UBF050です。

USB変換基板一体型の基板が使われています。

USBのポートからは直接制御できないので、SATAの信号を取り出す必要があるため、まず基板を修復し、HDDを制御可能とした上ではじめて、データ復旧の処置が可能となります。

不良セクタも多発している状態でしたが、出来る限りの回収を行い、最終的に必要なデータをほぼすべて復旧することが可能でした。
ありがとうございました。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、
それは「専門家」に相談することです。

まずは無料診断を受けてみませんか?

あなたの大切なデータが取り戻せるか、国家資格を持つプロの診断を受けてみませんか?復旧できるか、料金はいくらか、無料でお調べいたします。もちろん料金が見合わなければキャンセルしても料金はかかりません。お気軽にご依頼ください。

来店して依頼する

日比谷線秋葉原駅から徒歩1分です。

配送で依頼する

宅配便で全国どこからでもご依頼可能です。

お問い合わせ・ご相談

その他料金のこと、対応可否など、ご不明な点はどんなことでもお気軽にご相談ください。

03-5833-0522 

月~金 日・祝
9:30~12:30 -
13:30~18:00 - -

土曜は営業日カレンダーをご確認ください。

おすすめの記事