TOSHIBA Canvio DTB440 HD-TPA4U3-B/N ランプ点滅するもデータにアクセスできなくなった

東芝のポータブルHDD Canvio DTB440 HD-TPA4U3-B/Nです。

「外付けハードディスク内のデータを解凍してる際に、突然ハードディスクの接続が切れてしまい、
それ以降、パソコンに差すと、青色点滅はするものの、データ読みこみせず、内蔵データの確認ができません。」
と、ご依頼をいただきました。

分解すると、内部は東芝のMQ04UBB400が入っています。
東芝ブランドのポータブルHDDはほぼほぼ東芝製のUSBインターフェース一体型基板型番が取り付けられているHDDが入っています。
この場合、USB経由では詳しい診断ができないので、基板から信号線を取り出すなど、ひと手間施さないとなりません。
MQ04UBB400 USBインターフェース直付けでSATAインターフェースはありません
信号線を取り出して診断を行ってみます。
試しに読ませてみると7番プラッター面に不良セクタが多発しています。
7番プラッター面に不良が多発
ヘッドクラッシュを起こしたような印象ですね。
4TBあるので多少お時間をいただきますが復旧可能です。
ご用命ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次