東京・秋葉原のデータ復旧専門店

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

あなたの大切なデータをよみがえらせます
東京・秋葉原のデータ復旧専門店

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

情報セキュリティの国家資格を持つ女性スタッフが対応します

IODATA HDPX-UTA2.0R(中のHDDはST2000LM007)USB接続してもドライブの中身を認識しなくなった

IODATA HDPX-UTA2.0R(中のHDDはST2000LM007)USB接続してもドライブの中身を認識しなくなった

IODATA(アイ・オーデータ)の HDPX-UTA2.0Rです。
USBで接続しても、ドライブの中身を認識しなくなってしまったとのことで、ご相談いただきました。
HDD本体を取り出して、別のUSBインターフェイスで繋げても同じ状態で、モーターは動いているような音はするが、ヘッドの動くような音はしないとのことでした。

内蔵のHDDは、SEAGATE(シーゲイト)製、 ST2000LM007。2TBのハードディスクです。
ST2000LM007 のシリーズは、診断・復旧するために必要なポートがロックされているため、まず解除をする必要があります。

ハードディスクには、重度の不良セクタが発生しており、マスターファイルテーブル(MFT)というファイルを管理する重要な情報が書き込まれている箇所にも、不良セクタが発生していると思われました。
この場合、専用の機材で慎重にセクタデータを回収する必要があります。


復旧データの品質を上げるため、不良セクタ(上画像の黒い部分が不良セクタ)に再読み込みを繰り返します。この作業は慎重に行うため、極めて低速な作業となり、非常に長い時間を要します。
一度再読み込みを行うたび、数セクタが回収可能となる結果が出て、再読み込みを繰り返し、頭打ちになるまで(これ以上セクタが回収できないところまで)この作業を行いました。

結果は、お客様にご満足いただけるレベルまで復旧を行うことができ、無事に納品させていただきました。
ありがとうございました。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、それは「専門家」に相談することです。

国家資格を持った女性専門家がご相談にお答えします。

鈴木と申します。突然のことで、とても不安に感じていらっしゃると思います。皆様が少しでも早く安心していただけますように、丁寧にご説明いたします。カンタン相談フォームから、またはお電話で、お気軽にお問い合わせください。しつこい営業活動は決して致しませんのでご安心ください。

03-5833-0522

ご相談された方からの声

大事な写真が消えて、ずっと悩んでいました。思い切って相談してよかったです。(千葉県 矢澤様)

症状や処置方法を丁寧に教えていただき、安心して依頼できました。(埼玉県 山下様)

カンタン相談フォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    復旧したいものは何ですか? (必須)
    パソコン/ハードディスクMicroSDカード・SDカードUSBメモリその他

    お困りの内容をご記入ください