IO DATA HDCN-U500のデータ復旧 認識するもののエラーが出て大事なファイルが取り出せない

IOデータのUSB外付けHDD HDCN-U500です。
USBに接続するとWindows上で認識するものの、データを取り出そうとするとエラーが
出て停止してしまうとご依頼いただきました。
以前ワープロ変換サービスをご利用いただいたお客様からのご依頼です。
再度ご利用いただけて嬉しいです。

早速分解します。

この機種はフタがツメで固定されているのですが、
このように一部分にテープがついていて少し開けにくいことがあります。

中身はWDのWD5000AAKS 2008年製造で古いです。

診断してみると、2プラッター構成で0,1,2,3の4ヘッド
2番ヘッド面が特に酷いです。
□状のマスは1セクタを表しています。
緑は正常に読めたセクタ
黒は読めなかったセクタ、即ち不良セクタです。

幸いFATが生きていました。
CHKDSKの痕が見られます。

「FOUND.00x」というのがそれです。
おそらく自動的にCHKDSKがかかって修復しようとしたものの、修復できなかったようです。
当然セクタはあのような状態なのでCHKDSKを何度やっても修復できないばかりか不良セクタが拡がる一方です。

データ復旧の専門業者ではこのような不良セクタをなるべく痛めることなく
読み込ませるための専用設備を持っています。

もう少しお時間をいただきます。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、
それは「専門家」に相談することです。

まずは無料診断を受けてみませんか?

あなたの大切なデータが取り戻せるか、国家資格を持つプロの診断を受けてみませんか?復旧できるか、料金はいくらか、無料でお調べいたします。もちろん料金が見合わなければキャンセルしても料金はかかりません。お気軽にご依頼ください。

来店して依頼する

日比谷線秋葉原駅から徒歩1分です。

配送で依頼する

宅配便で全国どこからでもご依頼可能です。

お問い合わせ・ご相談

その他料金のこと、対応可否など、ご不明な点はどんなことでもお気軽にご相談ください。

03-5833-0522 

月~金 日・祝
9:30~12:30 -
13:30~18:00 - -

土曜は営業日カレンダーをご確認ください。

おすすめの記事