HDPF-UT1.0K 特定のフォルダが見られなくなってしまった

I・O DATAの外付けハードディスク、HDPF-UT1.0K です。
特定のフォルダが見られなくなってしまい、年度末なので大変に困っているとご相談をいただきました。

ケースを開けてみると、HGST HCC541010A9E680が入っています。

解析したところ、ファイル管理を司るMFT(マスターファイルテーブル)が破損した状態でした。
通常、MFTは正副二つあり、耐障害性を高める仕組みとなっています。
今回は、珍しいケースで、2つとも破損している状態でした。
ディスクイメージを取得し、MFTの修復を実施したところ、比較的良好な状態で修復をすることが可能でした。

このような状態で、無理やり使い続けると、chkdsk(チェックディスク)が実行されてしまい、データの破損、ファイル名消失、フォルダ名消失などを招いてしまいますので、注意が必要です。
今回のケースでは、比較的早い段階でお持ち込み頂けたので、幸いにも、最も必要とされているデータも救出することができました。

ありがとうございました。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、
それは「専門家」に相談することです。

まずは無料診断を受けてみませんか?

あなたの大切なデータが取り戻せるか、国家資格を持つプロの診断を受けてみませんか?復旧できるか、料金はいくらか、無料でお調べいたします。もちろん料金が見合わなければキャンセルしても料金はかかりません。お気軽にご依頼ください。

来店して依頼する

日比谷線秋葉原駅から徒歩1分です。

配送で依頼する

宅配便で全国どこからでもご依頼可能です。

お問い合わせ・ご相談

その他料金のこと、対応可否など、ご不明な点はどんなことでもお気軽にご相談ください。

03-5833-0522 

月~金 日・祝
9:30~12:30 -
13:30~18:00 - -

土曜は営業日カレンダーをご確認ください。

おすすめの記事