HDCA-L1.0UK 起動しなくなりディスクチェックを数時間かけたが中が見えなくなった

I・O DATAのHDCA-L1.0UK、外付ハードディスクです。
いつもは、PC起動時に立ち上がるのに、立ち上がらず、ディスクチェック・修復画面に遷移してしまうようになったとのこと。
その後、何時間もかけてディスクチェック・修復をおこなったものの、途中で進まなくなり、強制シャットダウン。その後、再アクセスをすると、エクスプローラーの表示はされるものの、データの内容が見ることができない状態ということでした。

分解するとST31000520ASが内蔵されていた

内部のハードディスクは、ST31000520ASです。

お調べすると、読み込み指令を出すと読み込みは開始するものの、すぐにBusyとなり、指令を受け付けない状態でした。
また、ヘッドとプラッターの状態を診断すると、特定のヘッドが担うプラッター面の特定の箇所に差し掛かると異音がしてBusy状態となることを確認しました。

ファームウェア処置を行い、Busy状態をいったん解除し、エラーを制御しながらプラッターにあるデータを回収する手法で、復旧を行いました。

尚、Windowsのディスクチェックは、ハードディスクを物理的に修復するものではないので、かえってハードディスクに負担をかけ、また必要なファイルまでロストしてしまう危険性があります。ディスクチェックをかける前に、専門家にご相談されることをお勧めいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次