データ復旧なら東京・秋葉原

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

あなたの大切なデータをよみがえらせます
データ復旧なら東京・秋葉原

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

情報セキュリティの国家資格を持つ女性スタッフが対応します
国家資格者が復旧します
情報処理安全確保支援士
第000079号 宮澤 謹徳
0120-29-8895

Freecom Hard Drive Classic Ⅱ RED 2TB 36543 コピー中に認識が勝手に外れ、データが取りだせない状態

Freecom Hard Drive Classic Ⅱ RED 2TB 36543 コピー中に認識が勝手に外れ、データが取りだせない状態

元号が「平成」から「令和」に変わり、
今日が最初の営業日です。
長い連休明けは、だいたい午前中は静かなのですが、
午後に入ると次第に問い合わせが増えてきます。

おそらく・・・
 出勤し
 →PCやサーバーの電源を入れる。
 →なんかおかしいぞ
 →自分でなんとかしようと試してみる
 →やっぱ直らないわ
 →復旧業者を探すか・・

という流れなのかと思います。

しかし、初日は問い合わせだけで、
実際にご依頼が入ってくるのは
2日目以降、特に3日目が多いのです。

おそらく・・・

検索上位の業者に行ってみた
 →なんか怪しかった
 →しっかり探さなきゃ
 →当社にご来店

・・とか勝手に想像していますが。

さて、連休前に復旧完了した
FreecomのHard Drive Classic Ⅱ RED 2TB 36543です。
2TBのUSB外付けHDDです。

当初「データを移して欲しい」とご依頼をいただきました。
詳しくお話を伺うと、
USBで接続して、Windows上でドライブとしては認識するものの
コピーを試みると、途中で認識が外れ(ドライブが取り外された状態になる)
データを移せない症状が出ている、とのです。

早速分解します。
裏側のテープ止めされている化粧板を外すとネジが出てきます。

中のディスクは東芝のDT01ACA200です。元は日立のものです。

セクタイメージの取得を試みます。

あー・・・酷い不良セクタの連続です。

まともにデータが移せなくて当然ですね。

この外付けHDDはプラスチックのケースにポン入れしているだけで
ファンどころか通風口すらありません。
相当熱のダメージがあったのではないかと考えられ
ヘッド、プラッターともにダメージがあることが予測されます。
診断機でヘッドの動きを細かく制御して、2TB中の75MBを除きディスクイメージの回収に成功しました。

多少補正を行い、ほとんどのデータを回収することができました。
なんとか連休前に納品することができ、お客様にもお喜びいただけました。

令和の新時代、データSOSを引き続きよろしくお願いいたします!