BUFFALO MiniStation HD-PCG1.0U3-BBA 接続しても認識しない

USBの外付けHDDが突然認識しなくなったとご依頼いただきました。
BUFFALOのポータブルHDD MiniStation HD-PCG1.0U3-BBAです。

内部はTOSHIBAのMQ04ABF100 SMRドライブです。2021年8月製造なので、古くはありません。
HDDはTOSHIBAのMQ04ABF100 SMRタイプ
症状を詳しくみると、HDD自体の起動は問題なく型番も容量もシリアルも正しく認識し、Readyが立ちます。
ところが、セクタを読み込ませようとするとエラーステータスにINFとAMNエラーが出ます。
Readyは立つがINFとAMNエラー
これはプラッタ上の物理セクタがLBA(論理セクタ)と一致していなかったり、
セクタが読み取り指示に応答していないという意味です。
原因として多いのは動作中に衝撃を与えたり、移動させたりして、プラッタにダメージを与えてしまった場合です。
通常、HDDの自己診断プログラムは予備のセクタに代替処置を行いますが、
代替がうまくいかなかったり、代替を管理するテーブルが破損した場合にこのようなエラーとなります。
SMART情報を表示させてみましょう。
S.M.A.R.TではG-sense Error Current Pending Sector countにそれぞれ記録が残る
191 G-Sense Error Rate
197 Current Pending Sector Countにそれぞれ記録が残っています。

この症状は時間の経過により悪化します。
そして、東芝のSMRドライブは現在のところ地道に1セクタずつ読ます以外に方法がありません。
今回、症状が出始めてすぐにお持ちいただいたので
大事には至らずすべてのデータを回復することができました。
ご用命ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次