BUFFALO HD-CB1.5TU2 アクセスランプが点滅しているが認識しない

BUFFALOの外付けUSBハードディスクを接続すると、
アクセスランプは点滅するもののドライブは認識しないとご依頼いただきました。
HD-CB1.5TU2 1.5TBのタイプです。

アクセスランプが点滅する症状は機種によってまったく異なり
メーカーによってはHDDが動作していないことを意味しますが、
別のメーカーではHDDの起動に問題がある等
実際に拝見してみないと正確な判断はできません。

ケースを分解し、HDDを取り出しました。
HD-CB1.5TU2 分解
Western DigitalのWD15EARSが内蔵されています。製造年は2010年。

HDDを診断してみます。
診断機に接続しても、ドライブがまったく回転しない状態です。
これはHDDの裏側についている基板が故障していることを示しています。
HDD裏面の基板の故障
基板を診断してみると、HDDを動作させるのに重要なパラメーターが記録されているチップが破損していることが確認されました。
チップが壊れている
通常このパラメータが消失すると復旧不可能なのですが、WDの場合はファームウェア領域に強制的にアクセスして
パラメータ情報を生成できることも多く、お見積りを提出して正式にご依頼いただきました。

試行錯誤し、なんとかドライブが起動できる状態に至り、全セクタデータ取得し、100%のデータを復旧することができました。
ご用命ありがとうございました。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、
それは「専門家」に相談することです。

まずは無料診断を受けてみませんか?

あなたの大切なデータが取り戻せるか、国家資格を持つプロの診断を受けてみませんか?復旧できるか、料金はいくらか、無料でお調べいたします。もちろん料金が見合わなければキャンセルしても料金はかかりません。お気軽にご依頼ください。

来店して依頼する

日比谷線秋葉原駅から徒歩1分です。

配送で依頼する

宅配便で全国どこからでもご依頼可能です。

お問い合わせ・ご相談

その他料金のこと、対応可否など、ご不明な点はどんなことでもお気軽にご相談ください。

03-5833-0522 

月~金 日・祝
9:30~12:30 -
13:30~18:00 - -

土曜は営業日カレンダーをご確認ください。

おすすめの記事