富士通オアシス(OASYS)30AFⅢで作成されたフロッピーディスクの復旧

ワープロ機、富士通オアシス(OASYS)30AFⅢでご使用されていた、2DDのフロッピーディスクです。
保存されている論文を取り出したいとのことで、ご依頼いただきました。

シャッターを開けると、ディスク上にびっしりカビが発生しています。
シャッターを開けるとディスク上にびっしりとカビが発生している

この状態で無理やりドライブで読ませようとすると、読めないどころか、ヘッドがカビを引き摺ってディスク上に傷を付けてしまいます。
ディスク上に傷がつくと、データが二度と取り出せなくなってしまう可能性があるので、注意が必要です。
この場合、外装を分解して綺麗にディスクを洗浄した上で、データの取り出しを行います。
今回、HUB(軸)外れも起こっていましたが、無事にデータの復旧に成功しました。

復旧したデータは、パソコンデータ(Word形式、テキスト形式)に変換にして納品させていただきました。
ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次