富士通ワープロOASYS Liteの文書フロッピーが変換できない

OASYSLITE-246x200

富士通OASYSのフロッピーディスクが変換できないとご相談がありました。

OASYSには「Lite」というシリーズがあります。
OASYSには大きく分けて3つの製品ラインナップがあり、
オフィス向けのものとパーソナル向けのもの、パソコンソフト(FM-OASYSとか)のものがあります。

Liteシリーズは、パーソナル向けの最も初期型タイプです。
当時としては値段も安く、シリーズとしてかなり売れていたのですが、
困ったことに、その後に発売された機種(LXシリーズなど)との間で文書の互換性がありません。

市販の変換ソフトはすべて、Liteで作られた文書フロッピーは「対応していません」と注記がついています。
買ってから変換できずに困った方、多いのではないでしょうか。

OASYS Lite専用フロッピーディスクドライブ
当社では古い機種も機材が揃っていますので変換可能です。
送っていただければ変換可能かお調べします。

いろいろな方法を試しているが、うまく復旧できず、このまま頑張っても壊してしまいそうだ、とお悩みではありませんか?

まずは、RAIDのプロの診断を受けてみませんか?あなたのRAIDが復旧できるか無料で診断しています。

・RAIDは復旧できるのか?
・復旧料金はいくらか?
・何日で復旧できるのか?

もちろん秘密は厳守します。強引な勧誘はいたしません。
さあ、いますぐ無料診断をお申し込みください。

関連記事

  1. oasys

    富士通ワープロ OASYS 5インチフロッピーのコンバート

  2. R0014863-246x200

    パナソニックのワープロ U1のフロッピーが変換できない

  3. 年賀状のシーズン到来!ワープロで作成された住所録の変換

  4. ワープロフロッピーのカビ除去

  5. IMG_7704-246x200

    東芝Rupo 3.5インチ MF-1DDのワープロフロッピー変換

  6. R00123181-300x225

    フロッピーディスクのカビ洗浄

最近の記事

  1. IMG_8607
  2. IMG_8182
  3. IMG_8539_2
  4. IMG_8038
  5. IMG_8365