TOSHIBA dynabook B65/D HDDからSSDに換装

台東区東上野のお得意様から
「非常時のリモートワーク用に中古のノートPCを購入したのだが動作が遅くて・・SSDに換えたら速くなりますか?」とご相談をいただきました。

PCは東芝dynabookの法人向け dynabook B65/D PB65DBADCN7AD11です。
Core i5の6300Uでメモリも8GB乗っていますので、事務用には十分なスペックなハズです。
「それになりに早くなると思いますよ。」とお答えし、ご依頼いただきました。

早速分解します。
dynabook B65/D 分解
内蔵のHDDは東芝のMQ01ABF050 500GBのものです。
内蔵のHDDは東芝のMQ01ABF050 500GB
このHDD、なんだか遅いんですよね・・・使っているうちに遅くなるというか。
でもベンチマークすると正常な速度が出るので判断が難しいのです。

交換品はCrucialのMX500です。
当店ではCrucial、WD(Sandisk)、Samsungの3社を使用しています。
CrucialのMX500に換装
ノーブランドのSSDは怖くて使えません。

以前、法人向けのサポートを行っている知人から、
「スポットで安く入ったSSDを、お客さんのPCに一括して交換したら、
次第に認識しなくなって今、3割くらいが認識しなくなって。。。復旧できるかな?」
と問い合わせを受けたことがありますが、

「どうにもなりませんね。。。」

と回答した覚えがあります。

メジャーブランドのSSDですら復旧はほぼできないのに、ノーブランドのSSDならなおさらです。
信頼性が重要なパーツに安物を使うと泣きを見ます。

ということで無事交換完了。
起動に3分程度かかっていたものが20秒ほどで立ち上がるようになりました。

「めちゃくちゃ速くなりましたね!!あと7台くらいあるのでそれもお願いしますね」
と大変ご満足いただけました。
いつもありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次