ラベルにダマされてはいけない

このところ、ワープロフロッピーの変換依頼が増加しています。
コロナ禍でどこにも行けず、ヒマなので自宅の整理をしていたら、亡くなった父の遺品が出てきて・・・
というお客様が多いです。
風が吹けば・・・の構図でしょうか。

フロッピーにラベルが貼ってあるものだけ持ってきたというお客様が多いのですが、
ラベルが貼っていないものにも大事なデータが入っていることが非常に多いので、
出てきたものすべてお持ちいただくことをお勧めします。

こちらのお客様も「初期化ズミ」とわざわざ書かれているものに
重要な文書が記録されていました。

自分以外に見られにくくする意図があったのかもしれませんね。
ラベルにダマされてはいけません。

「この度はお世話になりました。20年前の父の思い出がよみがえりました。
初めて見るものばかりでした。遺書らしきものもありましたがもう遅い。
古いものをよみがえらせる技術は絶えてはならないですね。」
とありがたいお言葉をいただきました。

ありがとうございました。