東京・秋葉原のデータ復旧専門店

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

あなたの大切なデータをよみがえらせます
東京・秋葉原のデータ復旧専門店

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

情報セキュリティの国家資格を持つ女性スタッフが対応します

HDD・ハードディスクのデータ復旧

正常に読み出すことができなくなったHDDからデータを復旧します。

HDDによく発生する症状

USB外付けハードディスクの写真

電源が入らない・動作しない

3.5インチ内蔵ハードディスクからカチカチと異音がしている様子

ハードディスクから異音がする

パソコンの画面に「ドライブE:を使うにはフォーマットをする必要があります。フォーマットしますか?」のダイアログボックスが表示されている様子

フォーマットしますかと出る

障害の原因と復旧方法

HDDの障害原因は「物理障害」と「論理障害」の2つに大きく分けられます。
他にHDDや記録に障害がなくともデータにアクセスできなくなる症例を「その他の障害」としてまとめています。

物理障害

HDDの機械的な部分に障害が発生しているものを「物理障害」といいます。
物理障害は「データ復旧ソフト」では復旧することができません。

不良セクタ

当店へのご依頼で最も多い症状です。データが保存されているプラッター(ディスク)上に「不良セクタ」が発生し、正常に読み取れない、読み取り動作を阻害する、といった症状が現れます。

不良セクタによる影響

この、不良セクタが発生している状態下において、WindowsやMac等の操作で何度も読み取りを試みたり、「CHKDSK」や「Scandisk」、「Disk First Aid」などのディスクユーティリティを実行すると、改善するどころか不良セクタが増加し、症状が一段と悪化します。

最終的にHDDを動作させるためのファームウェアが記録されている「サービスエリア」に影響が及び、HDDが起動しなくなる(BIOSで認識しない)状態に至ることがあります。

当店では専用の装置で不良セクタをコントロールしながら強制的に取り出す処置を行います。

専用機材で不良セクタを処置します

専用の装置による不良セクタ処置。緑は正常なセクタ。黒は不良セクタで非常に重い状態。

ヘッド故障

プラッターに記録されたデータを読み書きする「磁気ヘッド」が故障する障害です。

ヘッドは通電時、高速回転しているプラッターから浮上していますが、何らかの原因によりプラッターに接触してしまう「ヘッドクラッシュ」が発生することがあります。このときヘッドがプラッターを大きくキズつけてしまい、データ復旧が不可能となることも少なくありません。
また、経年によりヘッド劣化し読み取りができなくなるケースがあります。

ヘッドアッセンブリ

クリーンベンチで取り外したヘッドアッセンブリ

ヘッド故障の典型的な症状として「カッコン音」(カッコンカッコン音がする)が発生します。これはヘッド壊れているためプラッターのマーキングを読めず、読み取りを何度も試行している状態です。
また、HDDは認識するものの、一部のデータしか読めないといった症状の場合、複数あるうちのいくつかのヘッドが故障していることも少なくありません。

故障したヘッドはHDDを開封して交換する以外に直す方法がありません。
HDD内部はチリやホコリの侵入を許さないため、クリーンベンチ等の清浄度が保持された空間以外では開封できません。当店はクリーンベンチを完備しております。

ヘッド吸着

通常、ヘッドはプラッターを浮上しながらデータの読み書きを行いますが、停電やバッテリー切れなどのアクシデントでヘッドがプラッター上にピタッと「吸着」してしまうことがあります。電源を入れると「ウッウッウッ」と苦しそうな音がするのが典型的な症状です。

この時にHDDを叩いて吸着を解除しようとすると、ヘッドがプラッターに吸着したままスライダーから脱落し、処置困難、復旧不可能となることがあります。

当店ではクリーンベンチでHDDを開封し、吸着したヘッドを剥離する作業を行います。
吸着したヘッドは破損していることが多いため、必要に応じてヘッド交換も実施します。

プラッターに吸着したヘッド

プラッターに吸着したヘッド

制御基板故障

HDDの裏面にある「制御基板」が故障する障害です。
一般的な症状としてはプラッターを回転させるスピンドルモーターが動作しなくなります。
電源の逆接続、過電圧、過電流等により発生することが多くみられます。

おおよそ2005年以降のHDDは、HDDの本体と制御基板とが紐づけされており、たとえ同一メーカー、同一型番の制御基板に交換しても動作しません。メーカーによっては制御基板をオリジナルのものから交換すると、重要なパラメーターが消失してしまい、復旧不可能となることがあります。

ファームウェア障害

HDDを動作させるための「ファームウェア」に異常が生じることにより発生します。
症状としてはBIOSで認識しなくなる、型番や容量が明らかにおかしい(容量1TBなのに0MBなどと表示される)など、BIOSで正常に認識されない、BIOSで認識はするものの、動作が非常に遅い(読み取り速度が数KB/s)、読み取ろうとするとずっとBusy状態に陥る、といった症状が出現します。

サイズが異常な数値を示す

BIOSで正常に認識しない

スピンドルモーター障害

プラッターを回転させるための「スピンドルモーター」が故障する障害です。電源を入れても回転しません。また、最近ではあまりみられませんが、回転を支えるベアリングが固着、オイル漏れするケースもあります。

プラッターを外すとスピンドルモーターが露出する(クリーンベンチ内))

スピンドルモーターはそれ単体で交換することはできないため、プラッターを取り外して正常なHDDに移植する、という非常に困難な処置となることがあります。

移植のため取外したプラッター

論理障害

HDDに記録されているデータは「ファイルシステム」という仕組みに基づいて管理されています。
このファイルシステムに異常が発生し、結果としてデータにアクセスできなくなる障害を「論理障害」と呼んでいます。

ファイルシステム・パーティション障害

HDD内にどのようなデータが保存されているかを管理する「ファイルカタログ」に異常が発生すると、データは存在するものの、取り出すことができなくなる障害が発生します。
また、パーティションテーブルが破損すると、HDD内がどのように区画分けされていたかがわからなくなり、結果的にデータにアクセスできなくなる障害が発生します。不良セクタ等物理的な障害に起因して発生することが多く、単独で発生することはまれです。

市販のデータ復旧ソフトを持ちると復旧できる可能性がありますが、削除したデータが入っているHDDにデータ復旧ソフトをインストールするなどして、上書きが発生する危険性があります。上書きが発生するとデータは復旧不可能となるため注意が必要です。

当店では犯罪捜査用としても用いられる強力な解析ツールを用いて復旧処置を行います。
また、障害ではありませんが、また障害ではありませんが、データを削除した、フォーマットしたなど、意図しない操作によるデータの消失も「論理障害」の手法で復旧します。

コンピュータウィルス

コンピュータウィルスにより、OSやデータが破壊、改変されてしまう障害です。

その他の障害

これらは正確にはHDDの障害ではありませんが、その影響でデータにアクセスすることができなくなります。

PC本体・OSの障害

WindowsやMacOSなど、OS側の障害で操作ができなくなり、結果としてデータにアクセスできなくなります。Windows Updateなど、OSの更新時によく発生しますが、実はHDDに不良セクタが発生しており、OSの更新が正常に完了しなくなるといったケースが多くみられます。

自動修復が完了せず再起動を繰り返す

Windows Update後に起動しなくなった

また、ホコリが蓄積し、内部が冷却ができずに高温となった影響でOSが正常に動作しなくなることもあります。

ホコリで完全に目詰まりした冷却ファン

冷却不良で動作がおかしくなる

インターフェース障害

HDDをPCに接続するためのインターフェースに故障が発生し、結果的にデータにアクセスすることができなくなる障害です。

チップが焼損している

燃えたUSB変換基板のチップ

なお、WesternDigitalのMyBookシリーズ、MyPassportシリーズはインターフェース上の暗号化チップが搭載されており、内部のデータは暗号化されています。単純にPCにつないだだけではデータを取り出すことは不可能です。また、同一の機種のインターフェースに交換しても復号することはできません。当店ではWesternDigitalの暗号化HDDも専用のツールを用いて復旧します。

チップにより暗号化されている

自動的に暗号化されるWD MyBookのUSB変換基板

電源障害

HDDを駆動させるための電源装置に障害が発生し、正常に動作させることができなくなる障害です。

HDDの駆動に十分な電圧が出ていない

対応できるHDD

対応できないHDD

  • テレビ録画で使用していたHDD
  • HDDレコーダー
  • HDDカーナビ
  • 特殊なHDD(SAS、SCAインターフェースのもの)
  • 他社で開封処置等がされているもの
  • 暗号化処理されているもので解除キーのないもの(秘文など)
  • タブレットPCで分解が困難なもの

復旧料金

復旧料金は基本料金+処置料金+付帯料金(納品媒体・運賃等)の合計です。
復旧できない場合料金はかかりませんが運賃、部品代等は申し受けます。

初期診断 無料(11,000円)
※1媒体1回に限り無料です。
基本料金 容量1TBまで 29,800円(税込み32,780円)
1TBを超えるごとに8,000円加算されます。
処置料金 不良セクタ処置 8,000円~
ヘッド交換処置 30,000円~
ヘッド吸着剥離 30,000円~
制御基板修復 8,000円~
ファームウェア処置 30,000円~

基本的に成果報酬ですがご依頼により成果報酬で承れない場合があります。
(例:消去ソフトで処理し、明らかに復旧不能だが不安なので調べてほしい等)

料金例(参考)

外付けUSB HDD(3.5インチ、容量500GB)
症状 USB接続しても、コンピューターにドライブが表示されない
処置 不良セクタ処置
料金 基本料金 29,800円 不良セクタ処置 8,000円 合計37,800円(税込み37,800円)
Windows PC内蔵 3.5インチSATA 容量1TB
症状 PCを起動すると[Operating System Not Found]と表示される
処置 ヘッド交換
料金 基本料金 29,800円 ヘッド交換処置 40,000円 ドナーパーツ 15,000円 合計84,800円(税込み93,280円)

HDDのデータ復旧についてよくある質問

お支払い方法などサービス全般に関する質問、他の媒体と共通する質問はこちらをご覧ください。

パソコンからHDDを取り出しておく必要はありますか?
内蔵されたままの状態でも、取り外した状態でもどちらでも構いません。取り外しができない場合、当店で無料で取り外します。
(ただし、imacなど、分解が困難な機器の場合、分解料金をいただく場合があります。
HDDのデータが暗号化されていますが対応可能でしょうか?
WindowsのBitLocker、MacのFileVaultで暗号化され、かつ設定されていたパスワードがわかる場合は復旧できる可能性があります。パスワードの解析は行いません。
WesternDigitalの自動的に暗号化がかけられてしまうHDD(MyPassport,MyBook)は対応可能です。
ただし、ご自身でパスワードを設定した場合、そのパスワードがわからない場合は対応できません。
不良セクタはCHKDSKやSCANDISKでは直らないのですか?
直りません。CHKDSKはファイルシステムに矛盾がないかをチェックするためのプログラムです。不良セクタがあると今後使用しないようにファイルシステムに登録し、保存されていたデータを「切り捨て」ます。すなわち、データが失われる危険性があります。
データ復旧は必要ないのでヘッドだけ交換してもらえますか?
ヘッドだけ交換しても元通りに読めるようになることはあまりなく、すぐにヘッドが読めなくなってしまうことがほとんどです。ヘッド交換後はファームウェアを調整したり、専用の機器で制御しながらセクタ単位でデータの回収を行う必要があります。

ご依頼・ご相談

外付けHDD・ハードディスクのデータ復旧はご来店によるお持ち込み、または宅配便等での配送で承っております。

無料診断をご希望の方

まずはお問い合わせしたい方

お電話でのお問い合わせ

03-5833-0522

土曜は営業日カレンダーをご確認ください

メールでのお問い合わせ

復旧事例

WD Mybook WDBFJK0030HBK-04 突然認識しなくなった

WD Mybook WDBFJK0030HBK-04 突然認識しなくなったとご依頼いただきました。 ご自身で苦労された跡 ...
続きを読む

謎のMD04ACA400 IDはGENERIC S400 HARD DRIVE 

Macでお使いのHDDが認識できなくなったとご依頼いただきました。 ラベルにはMD04ACA400と記されています。 ど ...
続きを読む

TOSHIBA Canvio DTB440 HD-TPA4U3-B/N ランプ点滅するもデータにアクセスできなくなった

東芝のポータブルHDD Canvio DTB440 HD-TPA4U3-B/Nです。 「外付けハードディスク内のデータを ...
続きを読む

BUFFALO 外付けUSBハードディスク HD-CS500U2 モーター回転しない

BUFFALOの外付けUSB HDD HD-CS500U2です。 お客様のご申告は 「電源を入れた所、電源ランプは点灯す ...
続きを読む

IO DATA HDCN-U500のデータ復旧 認識するもののエラーが出て大事なファイルが取り出せない

IOデータのUSB外付けHDD HDCN-U500です。 USBに接続するとWindows上で認識するものの、データを取 ...
続きを読む

WD My Book Essential HDDが動作しなくなった

WD My book Essential WDBACW0020HBK-01 3.5インチ、容量2TBの外付けHDDです。 ...
続きを読む

BUFFALO MiniStation HD-PCFS1.0U3-BBA 落下後認識できなくなった

今日から連休明けスタートです。 休み中は自宅の作業ばかりではなく、データ復旧に用いる機材の増強も行いました。 4TBや6 ...
続きを読む

G-DRIVE mobile USB GDRU3WW20001ABB ファイルが開かない・異常に時間がかかる

G-technology G-DRIVE mobile USB GDRU3WW20001ABB 2TBの外付けハードディ ...
続きを読む

その他の事例はこちらをご覧ください。

ご相談フォーム

しつこい営業電話等は行いませんのでご安心ください。 お送りいただいた情報は当社サービスのご案内用途にのみ利用します。 送信いただくと、ご入力いただいたメールアドレス宛に「受付完了」メールが送信されます。 受付完了メールが受信できない場合は誠に恐れ入りますがお電話にてお問い合わせください。

    必須お名前
    会社・団体の場合は、ご担当者様のお名前
    任意フリガナ
    任意会社名・団体名
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須当社からの返信方法  メール電話
    ※ご入力ミスなどご指定の方法でご連絡できない場合、ご指定以外の方法でご連絡することがあります。
    必須ご使用環境 Windows/DOSMacその他/不明
    任意メーカー・型番
    お分かりになる範囲で結構です。
    任意媒体の容量
    お分かりになる範囲で結構です。
    必須ご相談・お問い合せ内容をお選びください (複数選択可)。
    対応可否復旧期間復旧料金サービス内容ご依頼方法その他
    任意障害の状況や経緯などをご記入ください。
    お分かりになる範囲で結構です
    任意データSOSをどちらでお知りになりましたか?
    検索して当社のページを見た検索して当社のBlogを見たお知り合いのご紹介前にも利用したことがあるその他