データ復旧なら東京・秋葉原

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

あなたの大切なデータをよみがえらせます
データ復旧なら東京・秋葉原

東京・秋葉原のデータ復旧専門店【データSOS】

情報セキュリティの国家資格を持つ女性スタッフが対応します

5重苦のWD My Passport 2TB USB接続してもLEDがチカチカし続け認識しない

5重苦のWD My Passport 2TB USB接続してもLEDがチカチカし続け認識しない

おなじみのWD My Passport
型番はWDBY8L0020BBK 2TBです。
Macでお使いで、USBに挿し込んでもLEDがチカチカし続け一向に認識されない、とご依頼いただきました。
この症状、復旧するまでに物凄い手間がかかるのです。。。

このチカチカ症状はいくら待ち続けていても認識されることはありません。
チカチカしている時は水面下で不良セクタの代替処理を行っており、
この作業を行っている時には認識されない状態となります。

しかし、代替用に準備されているセクタは使い切ってしっまているため、
代替処理は完了せず、いつまでたっても認識されることはないのです。
WDのユーティリティを使うなどしても止めることはできません。
ユーザーにはどうすることもできない状態となっているのです。

分解すると、中にはWD20NMVWという型番のUSB変換基板一体型の専用HDDが入っています。
USBでは直接制御できないのでSATAの信号を取り出す必要があります。これが第1関門。

そして、このHDDの制御プログラムを解析し、代替処置を止めます。
この第2関門を突破するとデータが入っているエリアにアクセスすることが可能となります。

ところが、このHDDは自動で暗号化がかけられているので、暗号化を解除してやらなくてはなりません。
暗号化を設定していないくても、常にかかっているのです。
なぜなら、暗号化キーを変える操作をすれば、一瞬でデータを完全消去することができるから、
という理由(だと思う)です。
これが第3関門。

ディスクイメージを取得します。
4プラッタ8ヘッドあるううちの3番プラッタが全く応答しません。
おそらくヘッドが故障しているものと思われます。
根本の原因はこのプラッターかヘッドでしょう。
とにかくヘッドを交換してみる必要が生じました。
しかし、このHDDはWD My Passport専用品。

ヘッドを交換するには適合するHDDを探さなければなりません。
中古店などでMy Passportを買ってきても、中に入っているHDDが合わなければ全くの無駄。
ドナーを扱う商社には適合するHDDも売っていますが非常に高価。
これが第4関門。

ヘッドを外し、ドナーと交換します。

ヘッドを交換すると、読み込みができる状態となりましたが、今度は大量の不良セクタ。
第5関門です。
36回の読み込みを行い、大変長い時間がかかりましたが
ほぼすべてのデータを取り出すことができました。
取り出しが完了したころにはドナーヘッドは応答をしない状態になっていました。

お客様には大変お待たせをいたしました。
ありがとうございました。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、
それは「専門家」に相談することです。

国家資格を持った女性専門家がご相談にお答えします。

鈴木と申します。突然のことで、とても不安に感じていらっしゃると思います。皆様が少しでも早く安心していただけますように、丁寧にご説明いたします。カンタン相談フォームから、またはお電話で、お気軽にお問い合わせください。しつこい営業活動は決して致しませんのでご安心ください。

03-5833-0522

ご相談された方からの声

大事な写真が消えて、ずっと悩んでいました。思い切って相談してよかったです。(千葉県 矢澤様)

症状や処置方法を丁寧に教えていただき、安心して依頼できました。(埼玉県 山下様)

カンタン相談フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

復旧したいものは何ですか? (必須)
パソコン/ハードディスクMicroSDカード・SDカードUSBメモリその他

お困りの内容をご記入ください