Linkstation LS-WV4.0TL/R1のUSB外付けバックアップHDD交換

こんにちは。
やっと秋らしい気候になってきました。
データ復旧も夏にピークを迎え、涼しくなるにつれ、ぐっと案件が減ってきます。

今日は昔からのお得意先様へNASのバックアップ用外付けUSBハードディスクを交換に行ってきました。
当社で納品し設定をさせていただいたものですが、
シルバーウィーク明けにバックアップディスクが壊れたようです。
休暇中は空調を切ることが多いため、よく故障が発生します。

本体はLS-WV4.0TL/R1 異常が発生するとメールを送信する設定をしてあります。
事務を担当されている方から「異常が発生しているようです」とメールを転送していいただきました。

DISKエラー通知

HDDでエラーが発生しました。
エラー発生ディスク:USBディスク1

(sdc) WRITE sector:2930422140 count:3
ディスクへの書き込みエラーが発生しました。
エラーが発生した箇所を含むデータは復元できません。
すぐにディスクの交換をお勧めします。

Linkstationはこのように故障の兆候が見られると、メールで知らせてくれる機能を持っています。
これは「絶対に」設定しておかなければならない機能です。
当社に持ち込まれるものは故障に気がつかず運用を続けて最終的にクラッシュしたものがほとんどです。

こちらは故障品 BUFFALO HD-LBV3.0TU3-BKD
IMG_6019

裏側、ファンがついているように見えますが、穴だけです。。。
IMG_6018
ファンレスは静かですが、高温となる場所で長期の運用は故障も早いです。

こちらが交換品。同じ形ですがしっかりファンがついていて強制的に空冷をします。
IMG_6016
交換と再設定をして終了です。
いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 − 1 =