LS-Q2.0TL/R5 ディスクエラーが出てフォルダにアクセスできない

LS-Q2.0TL/R5 500GBのハードディスク4台が搭載されています。
RAID0構成でご使用されていました。

フォルダにアクセスしようとすると、以下のエラー画面が表示されてしまうとのことでした。

障害:
E13:RAIDアレイにエラーが発生しました。
E23:エラーが発生しドライブ3がRAIDアレイから外されました。
情報:
I11:ドライブ3の不良セクター数または不良ブロックが危険な範囲に達する可能性があります。
I12:RAIDアレイがデグレードモードで動作中です。

お調べしたところ、HDD3番が、不良セクタの多発により、読み出し困難な状態になっていました。
不良セクタの代替処理(不良セクタにデータを読み書きしないようにする機能)がオーバーフローを起こし、動作を停止したものと思われます。

RAID0構成のため、4台すべてのローデータ(RAWデータ)を取り出し、RAID0の再構築を行ってはじめて復旧が可能となります。

専用装置にて、ファームウェアの調整や、ヘッドの調整を行い、HDD3番からもディスクイメージの取得に成功、
ほぼすべてのデータを回収しすることができました。
ありがとうございました。

あなたの大切なデータを取り戻す第一歩、
それは「専門家」に相談することです。

まずは無料診断を受けてみませんか?

あなたの大切なデータが取り戻せるか、国家資格を持つプロの診断を受けてみませんか?復旧できるか、料金はいくらか、無料でお調べいたします。もちろん料金が見合わなければキャンセルしても料金はかかりません。お気軽にご依頼ください。

来店して依頼する

日比谷線秋葉原駅から徒歩1分です。

配送で依頼する

宅配便で全国どこからでもご依頼可能です。

お問い合わせ・ご相談

その他料金のこと、対応可否など、ご不明な点はどんなことでもお気軽にご相談ください。

03-5833-0522 

月~金 日・祝
9:30~12:30 -
13:30~18:00 - -

土曜は営業日カレンダーをご確認ください。

おすすめの記事