Linkstation LS-Q2.0TL/R5のデータ復旧

R0012597-300x225

バッファローのLinkstation LS-Q2.0TL/R5のデータ復旧をご依頼いただきました。

LS-Q2.0TL/R5
Linkstationの品番ですが、RAID5搭載モデルです。
これまでハードディスク1台構成のシングルのものはLinkstation、RAID搭載はTerastationという棲み分けでしたが、このあたりのモデルから「家庭・SOHO用はLinkstation」、「法人向けはTerastation」という区分けになってきたようです。

電源を投入してもシステムが起動しないとのこと。RAID5構成ではなく、RAID1でミラーリングしたアレイを2セット作って運用されていた模様です。

本体からハードディスクを取り出します。ホコリがすごい状態。

診断機ですべてのハードディスクをチェック。
4本のうち1本に重い物理障害が発生していました。

エラーメッセージを確認します。
正常時は電源ランプは「青色」灯火となりますが、エラーが発生すると
「赤色」となり、ランプの点滅回数で故障内容がわかります。

今回はランプが6回点滅、
「E06」の「ファームウェアが壊れています」というメッセージです。

幸いミラーリング構成でしたので、無事にデータを復旧することができました。

ホコリがすごかったので、放熱状態が悪く、故障を誘発したのかもしれません。これからが夏本番です。冷却機能のチェックをお忘れなく。。。

あなたの大切なデータが復旧可能か、料金はいくらか、まずは無料で診断します。

関連記事

  1. LS-WV40TLR1J-300x225

    BUFFALO LS-WV4.0TL/R1J RAID0のデータ復旧

  2. R0013382-300x225

    ちょっと奇妙なデータ復旧事例

  3. WD10EARX-224x300

    WesternDigital純正のハードディスク診断ツールを使って不良…

  4. R0013135-300x225

    Linkstation HD-HG250LAN ハードディスクが焦げた…

  5. R0012980-300x225

    Linkstation LS-WX1.0TL/R1 RAID1構成

  6. Linkstation LS-W1.0TGL/R1 猛暑でダウン

最近の記事

  1. IMG_8607
  2. IMG_8182
  3. IMG_8539_2
  4. IMG_8038
  5. IMG_8365