引越しの時にNASのLANケーブルを引き抜き差込口が壊れた

R0015459-246x200

BUFFALO LS-X2.0TLJの復旧をご依頼いただきました。

R0015459

引越しの時にNASのLANケーブルを引き抜き、LANの差込口が壊れてしまったそうです。
こうした場合メーカーさんへ修理依頼すると、データは消えてしまいます。
これ、決して冷たい訳ではなく、修理した後の機器が正常に動作するかテストを行ったりするためです。
(修理とデータ復旧の違いはこちら

業務に必要なものがすべて入っていて仕事にならず、大変お急ぎとのことで
いろいろ業者を探されたそうですが、最終的に当社をお選びいただきました。
ありがとうございました。

いろいろな方法を試しているが、うまく復旧できず、このまま頑張っても壊してしまいそうだ、とお悩みではありませんか?

まずは、データ復旧のプロの診断を受けてみませんか?あなたのデータが復旧できるか無料で診断しています。

・データは復旧できるのか?
・復旧料金はいくらか?
・何日で復旧できるのか?

もちろん秘密は厳守します。強引な勧誘はいたしません。
さあ、いますぐ無料診断をお申し込みください。

関連記事

  1. R0015591-246x200

    IO-DATAのNAS「ボリュームのマウントに失敗しました」でランプが…

  2. IMG_8365

    HDL-CE1.0S データが読み出しできない

  3. IMG_8038

    LS-QV2.0TL/R5 ネットワークで認識できない、RAID構成不…

  4. IMG_7697-246x200

    LinkStation LS410D 調子が悪くなりバックアップしよう…

  5. LS-CH500L-246x200

    バッファローのLinkStation LS-CH500Lが認識されない…

  6. R0012597-300x225

    Linkstation LS-Q2.0TL/R5のデータ復旧

最近の記事

  1. IMG_8848
  2. IMG_9696
  3. 回復キー_New
  4. IMG_9182
  5. IMG_9615_New