万年筆型USBメモリのデータ復旧

こういうの見かけたことありませんか?
ペン型(万年筆)のUSBメモリです。

キャップを取ると、USB端子が出てきます。
お客様によると、パソコンに挿したところ認識せず、しばらくすると焼けたニオイが室内に充満し、ヤバイとUSBコネクタを引き抜いたそうです。
熱で先っぽが曲がっています。

これ、よく見るとMicroSDカード様のメモリが埋め込まれているのがわかります。残念ながらこのタイプの場合、メモリチップを取り外す方法がなく、またピンアサインも不明、時間的にも間に合わないためご相談のみで終了となりました。

このようなUSBメモリ、よく展示会でノベルティとしてもらいますが、怖くて使えない・・・というのがデータ復旧屋の正直なところです。
お役に立てず申し訳ありません。

ちなみにこうした診断も料金はかかりませんのでお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

9 − 1 =